チャンネルファンタズモ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.04
  • (2)
  • (12)
  • (46)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 189
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944743

作品紹介・あらすじ

あるトラブルに巻き込まれ、大手テレビ局を追われた元エリート報道マン・百太郎が再就職したのは、なんとオカルト番組専門放送局!?元ヤンキーで筋金入りのオカルトマニア構成作家のミサ、霊能黒猫・ヤマトと共に、都市伝説や未知生物、幽霊屋敷を取材するハメに。理解不能の現場にうんざりする百太郎だったが、ある日取材先で過去のトラブルと繋がる事件に遭遇し…。異色のハイテンション・ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み始めて気付いたけど、これ既読だった・・・。
    でもまぁ、再度読んでも面白かったです。

  • オカルト・ミステリー・サスペンス。けどコメディ。
    表紙がカワイイ!
    ヤマト君と白雪ちゃん(どっちも猫)、好きです。
    ネコ好きにオススメ??

  • 登場人物は皆キャラが立っててよかったけど、ストーリーにもうワンパンチ欲しかったかなぁ。

  • 解説は先に読んではいけない…。

    加藤さんはオカルト系お好きなのか~。
    ミステリ色もしっかり、オカルトはどっちかというとコメディ要素が強かったけれど楽しく最後まで読了できました。
    ミサは主人公だと読むのが辛そうだけど、この立ち位置なら活き活きと主人公振り回し役で良い感じ。
    大柄な美女達との丁々発止のやりとりが好きです。

  • お約束を読むような安心の楽しさと、ちょっとずつひねった目新しさと、全体を通しての大きな物語がある、実秋さんワールドといいましょうか。続きがあるかなと期待させるように終わりましたが、それは、いい仕事をすてないよねという不安でもあります。ラストの全体の糸が見えるところを、思わず何度か読み直してしまった。

  • 敏腕記者だった百太郎が、取った危険すぎるスクープを上層部から握り潰され、退社に追い込まれて、なんとか再就職できたのは、カルトなオカルト専門番組チャンネルファンタズモ。元ヤンで、霊感ゼロの放送作家と取材にでかけたオカルトスポットでおこる事件を敏腕記者の勘で解いていくコメディ。

    とはいえ、眉唾もののオカルト情報を追っていきながら、百太郎の失脚の原因となった事件の解決にたどり着いて、すっきりと着地します。登場人物のアホな掛け合いのテンポと、変なキャラたち、ラストのすっきり感が、よいです。

  • 中盤までオカルト絡みの話ばかりでつまらなかった。後半はまあ普通に読めたけれど、それ程の話でもなく、今ひとつ。

  • インディゴシリーズもそうなんだけど、どうもこの人の文章は読み難くて苦手。

    テレビ向きの作品。

  • 難しくないので軽く読めるし、ドラマ化とかもしやすそう。
    ただし、ミステリではないと思う。

  • ある事件をきっかけに、大手テレビ局から追い出された百太郎が苦心の上見つけた再就職先はオカルト専門のケーブルテレビ局。なんで俺がこんなところに、と呟きながら、元ヤン・オカルトオタクのミサ、黒猫のヤマトと共に怪奇現象の謎をとく日常の謎系ミステリ。だと思ったんですが…むしろバカミスか?もしかして霞流一さんの系統を狙ったのか?とだんだん眉間にシワが。オカルトネタは幽霊信じない派なので本気にしてる人には百太郎と同じ反応しかできず。ヤンキーネタも、口調と服装くらいしかでてこないし、「お前いくつだよ」と突っ込ませる年代別流行りものネタが結構ずれてるような…。服装に関しても、オカルト専門CS局の給料考えたらミサの服装は無理だろう(雑誌と同じ格好をするのがどれだけ難しいかと)なんてことを考えてたら、今作中で問題になってるのは何だっけ?ということになり、ミステリだったのを忘れている次第。最後の作品は一応硬派を目指したのでしょうが、どこのテレビドラマだこれで捕まるなら当時の警察とマスコミの怠慢でしょとか、突っ込むところ満載。いまいちインディゴシリーズのように楽しむことができませんでした。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー。同作は書籍化され大人気シリーズとなり、ドラマ化、舞台化、コミック化された。他著に「メゾン・ド・ポリス」シリーズ、「モップガール」シリーズ、「アー・ユー・テディ?」シリーズ、『チャンネルファンタズモ』『ご依頼は真昼のバーへBarホロウの事件帳』『風が吹けば』『桜田門のさくらちゃん』『学スクール園王キングダム国』『ゴールデンコンビ 婚活刑事& シンママ警察通訳人』などがある。

「2021年 『メゾン・ド・ポリス6 退職刑事と引退大泥棒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤実秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

チャンネルファンタズモ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×