化身 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.45
  • (2)
  • (14)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本ホラー小説大賞の受賞作を含む、三篇からなる作品集です。
    表題作は異色ホラー。池に落ちた主人公が死の恐怖と闘いながら生き延びるために変身、いや変態していくというもの。
    あり得ない設定はホラーよりファンタジー色が強いが、美しい世界観にひきこまれ、どっぷりと浸りました。個人的には「雷魚」が一番好きかな。
    子供らしさの残る“少年”は、不思議なモノと相性がいいですよね。忘れられない夏休み、ひと夏の不思議な経験、こういう話、結構好きだな。

  •  第16回日本ホラー小説大賞受賞、3篇の小説すべてに共通するが、怖いというよりも不思議なお話しである。『幸せという名のインコ』のラストにはぞっとさせられた。都市伝説風な小説である。

  • 面白かったー。かなり自分好みな作品。
    「化身」「雷魚」「幸せという名のインコ」3作品の短篇集。
    特に「化身」はイメージしていた意味合いが異なっていて、それが新鮮に楽しめた。
    あと「幸せという名のインコ」、ある一言でゾクッーーーーってして、かなり衝撃的な作品だった。
    自分とはすごく相性のいい作品で久々に楽しめたかな。

  • 池に落ちた人間の進化なんて、誰も経験しない。なのに、生々しいって感じる。さすがホラー大賞。

  • 化身面白かったけどホラーではなかった。

    雷魚と幸せという名のインコはあまり面白くなかったので-☆1

  • 第16回日本ホラー小説大賞大賞受賞作『化身』!その他に『雷魚』『幸せという名のインコ』収録!『化身』が面白かった!個人的には『雷魚』は微妙だった!『幸せという名のインコ』は後半ゾクッとする感じが良かった!全体的に面白い本!

  • 自分が化身していく過程が、どちらかと言えば平坦なリアリティとともに語られる表題作を読んでも筆力はあると思うが、不条理こそ恐怖と信じているので、理に落ちて終わるこの3話の中篇からホラー臭は全く感じない。
    ホラー小説大賞受賞作なのだが、選考委員の選出の尺度が知りたいと思う一冊。

  • 表題作の「化身」はなかなかの傑作だと思う。
    セリフを一切使わずに、淡々と、冷静に分析しつつ進んで行く物語に、
    ホラーとは違う、一種のドキュメンタリー的な要素があって引き込まれた。

    ただ、他の2作は正直なところ微妙。
    表題が秀作すぎたためか、
    後の2作の肩すかし感が・・・。

    表題作だけなら五つ星だった。

  • ホラーではないホラー大賞。

    とある密林で、人知れず坩堝状の池に嵌って何年間も生きた男の話。
    ソリッドホラーを期待したいけど、描写がやたらと綺麗で、恐ろしさを感じない。
    環境に適応する中で、徐徐に身体が変わっていくことを、恐怖を煽らず書いているため、流れるように読めてしまう。一文の形容詞量も適切で、文章力の高さを感じる。

    が、怖くないので星3つ。

    ドラム缶と蟹の方が怖い。

  •  最近のハードなホラーが好きな人には駄目だと思う。表題作のタイトルはグロテスクな描写や自分の体が変容する恐怖を期待させるが、そういうものは何も無い。描写力はあるがグロテスクでなく綺麗と感じさせるものだし、恐怖でなく楽しい感じだ。逆に、最初から楽しいものを期待して買うと表題作は楽しめると思う。他の二つについて。表題作で見られた発想の良さが少しでも感じられる第2編・3編を期待してたらあてが外れた。どこかで読んだようなありふれた話で、がっかりした。でも筆力は相当なものなので、安心して読める。文庫版で気楽に読むには良いかもしれない。 

    ・「化身」
     特殊な環境に遭難した主人公が、日々を生きる中、体が環境と生活に適応し、どんどん変容していく話。生態系の最下位にいた主人公が、その頂上にまで達する話で、楽しい。特に○○を食べるためにジャンプするシーンなどわくわくした。体が変容していくが、それに対する主人公の苦悩など一切無い。むしろ環境に適応してウェルカムと感じているよう。読み物としてのレベルは申し分ないが、日本ホラー小説大賞という肩書きは似合わない。設定だけはホラーであるが、ホラーとして進行していかない。というより、最初から読者を怖がらせようとすらしていない。

    ・「雷魚」
     池に現れる「女の人」の話。少年の心はよく書けているが、ややありきたり。

    ・「幸せという名のインコ」
     飼っていたインコが様々な<お告げ>をする話。オチは見え見えだが、最後のインコの言葉自体はなかなか面白かった。だが、これもよくある話。新しさはない。

    今のところあんまり次を読みたいとは思わないが、「化身」に匹敵する怪作なら是非買いたい。

全15件中 1 - 10件を表示

化身 (角川ホラー文庫)のその他の作品

化身 単行本 化身 宮ノ川顕
化身 (角川ホラー文庫) Kindle版 化身 (角川ホラー文庫) 宮ノ川顕

宮ノ川顕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする