地獄の門 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.29
  • (2)
  • (16)
  • (17)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 125
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944903

作品紹介・あらすじ

突如、地獄に落とされた良太。当惑する彼が美しき悪魔から知らされたのは、自分が何者かによって殺されたという事実だった!だが彼は、密かに、そして綿密に、犯人への復讐を企てる。-悪魔を騙すのだ。記憶を持ったまま転生し、『奴』を討つために。一方現世では、恋人であり刑事の愛が、良太殺害犯への憎悪をたぎらせていた。地獄と現世、2つの世界が織りなす物語が迎える、驚愕の結末とは!?異色のホラーミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 地獄と現世、二つの世界での、悪魔との騙しあいの物語。

  • 殺人事件で殺され、地獄に落ちた男が転生して真犯人を追う傍ら、現世でその恋人も犯人を追うという二重構造のミステリ。地獄の設定やシステムは非常に秀逸でスラップスティック。地獄編の描写は非常に面白かった。現世での女刑事である愛も著者特有の狂気に満ちており、その心理描写は上手い。ただ、地獄編の主人公である良太が一貫して現世に残してきた恋人の名前を出さなかったことと、愛の父親が婿入りという時点で、作品の大掛かりな仕掛けが粗方読めてしまったのは残念極まりない。理不尽を得意とする著者だからこそ、消去法で最も理不尽な可能性を考えたら容易く行き着いてしまう。ホラー寄りのせいか、ラストの悪魔の一人語りも理不尽を通り越して滑稽で、やや理屈に合わない感じもする。この辺りはまだミステリのロジックとホラーと著者のテーマである理不尽さが噛み合っていない所かもしれない。ネタは面白く、統合性も取れてはいるが、当初想像していた二重に追うミステリよりも、やや尻すぼみに終わってしまった。

  • 地獄に落ちた男が悪魔を騙して転生し,自分を殺した相手を探す話。
    途中でネタがわかったかと思いきや,予想を上回る大ネタ。
    「バイロケーション」も凝った設定だと思ったが,今作もかなりのもの。
    悪魔の軽さと,ブラックな小ネタが良し。

  • セリフや文体が軽く、ラノベっぽい印象だった。長音(ー)多すぎ。そういうキャラだからか……?

    悪魔の仕立て方や主人公の扱い、最後のどんでん返しがうまかったと思う。

    読み終わった後に面白さがわかる。

  • 途中からわかってくるけどそれでも勢いがあって最後まで楽しく読めました。
    まぁほんと、悪魔だなぁって思います。
    理不尽だけど妙に納得しちゃうシステムに感心したり。分かりやすさもよかったです。

  • 途中までは法条遥らしい、ミステリやSF要素を含んだ話だなと思っていたが、佐藤良太が本懐を遂げてからB級映画に様変わりした。マリアの哄笑が安っぽく白けてしまう。佐藤良太の思い込みと勘違いで復讐を誓っており、真相はとてもつまらない。とかく悪魔のマリアの存在が作り物っぽい。さすがにこれはいただけない。評判が良くない理由がよく分かった。

  • 天国・地獄・現世と場面が変わり、もしや?と思いきや?ん?あれー?と分からなくなり先が気になり読んでしまう(^-^)あー、そうきたかーと(^-^)
    アイデアは凄いと思う。

  • 友人からの紹介。
    やはり主人公の執念がすさまじい。
    デビュー作よりかなりテンポアップしていて読みやすかった。

  • 悪魔のキャラが良い。(笑)
    こういう、どんなに足掻いても結局誰かの手のひらの上で踊らされているだけっていうの、大好き。

  • この人は変てこな話を作るのがうまい。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1982年、静岡県生まれ。『バイロケーション』で第17回日本ホラー小説大賞長編賞受賞。

「2010年 『バイロケーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

法条遥の作品

地獄の門 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×