刀 KATANA ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.22
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044000004

作品紹介・あらすじ

戦の道具としての使命をもちながら、観るものの心をとらえる不思議な力を帯びた刀。
上古、大陸から伝来して以来、日本刀という独自の美意識はどのように生じ、現代までいかなる展開を遂げたのか。
正宗や虎徹をはじめとする名工の作風を味わうポイント、そして「名刀」の条件とは何か――。
数々の名品を生んだ日本刀剣史の基本から、現代の刀匠の仕事場、信仰や儀礼、文化財といった視点まで。
奥深き刀剣の世界へ、研究の第一人者が多彩な作品写真とともに誘う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャパノロジー・コレクションというのを初めて購入したけれども、文庫サイズで写真が多く、文章の量は多くないけれどもはっきりと読みやすく大変よかった。
    刀の歴史、在り方のパートと刀工を紹介するパートとあって、かなり多くの刀工が取り上げられていてそれもまたよかった。

    入門書としているけれども、用語解説のようなものはないので入門書としては少し難易度が高いかも?
    刀そのものの謂われなどもほとんどない。

    それを差し引いても十分過ぎるほど魅力的な本だった。
    電子書籍だと200円近く安いけれども、カバーの手触りはいいし本文の紙や印刷もいいので紙がいい。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    戦の道具としての使命をもちながら、観るものの心をとらえる不思議な力を帯びた刀。
    上古、大陸から伝来して以来、日本刀という独自の美意識はどのように生じ、現代までいかなる展開を遂げたのか。
    正宗や虎徹をはじめとする名工の作風を味わうポイント、そして「名刀」の条件とは何か――。
    数々の名品を生んだ日本刀剣史の基本から、現代の刀匠の仕事場、信仰や儀礼、文化財といった視点まで。
    奥深き刀剣の世界へ、研究の第一人者が多彩な作品写真とともに誘う。

    【キーワード】
    文庫・刀・日本・和


    +++1

  •  刀ブームの昨今に載ってというよりは、ジャパノロジーコレクションの1冊である。

     シンプルかつ綺麗な装丁、カラー写真、そして解説。さらに言えば文庫で1000円を切る価格帯。
     安定の美術館のお土産売り場で並んでると欲しくなりそうな本としての体裁は万全である。
     きちんと歴史を説明しつつ、最近メジャーな刀たちもバランスよく写真が有ったりしてサービスも良い。(それだけだとさすがにあざといしね!)
     さすが角川、完璧な仕事である。

     うん、初めて買うなら、これくらいの情報量が気持ちよく読める。

  • 宮内小左衛門行平が取材協力しているというので購入。

  • 刀美しい

全5件中 1 - 5件を表示

刀 KATANA ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)のその他の作品

小笠原信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ホルヘ・ルイス ...
羽海野 チカ
アンジェラ・アッ...
ヨシタケ シンス...
夏目漱石
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

刀 KATANA ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする