図解 曼荼羅入門 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044000158

作品紹介・あらすじ

鮮烈なイメージで私たちを魅了する曼荼羅。
大画面にひしめきあう1800体の仏と荘厳の色彩には、仏教のいかなる教えが秘められているのか。
そして、密教の神髄は曼荼羅にあると説いた空海の真意とは何だったのか。
個性の尊重、個と全体の調和、他者により生かされていることの自覚など、
現代人に不可欠な世界観を曼荼羅が体現していると述べる第一人者が解き明かす。
美しい図版を通じて密教の世界観を体感できる仏の図像学入門。

(本書は、『図解・曼荼羅の見方』を改題し文庫化したものです)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 曼陀羅がここまで様々な神や教えがあるものとは知らなかった。また、密教は他利的であり、また現世での悟りを前提としているので、大乗仏教や上座部仏教とはまた異なる、そして合わさったようものだと思った。
    現世で他者への施しとともに、己の修行が必要であり、その意味から修行、そしてその過程を示しているのが曼陀羅。皆に悟りの種があるということを表して、その修行を絵という形で示しているのは、その時代の人たちにとって大きなものだったのかもしれないと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

元大正大学学長、同大学名誉教授、慈雲山曼荼羅寺観蔵院長老。1945生まれ。
著書に『〈カラー版〉図解・曼荼羅の見方』(大法輪閣)、『弁慶はなぜ勧進帳をよむのか』(日本放送出版協会)、『空海読み解き事典』(編著、柏書房)、『曼荼羅図典』(共著、大法輪閣)、『曼荼羅入門』(角川ソフィア文庫)、『般若心経の神髄』(里文出版)ほか多数。

「2020年 『姿とかたちの仏像事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小峰彌彦の作品

ツイートする
×