江戸の旗本事典 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044000332

作品紹介・あらすじ

時代小説や時代劇に登場する「旗本」。彼らはどのような暮らしをしていたのか? 御家人とはどう違うのか? 三田村鳶魚の最後の弟子が、複雑な江戸幕府の制度をふまえ、これまで誤解されてきた旗本身分を正しながら解説。「徳川家直参」の意味、江戸城中での作法と年中行事、家督相続と隠居、昇進・給与、家計と年収、本家・分家との関係……豊富なエピソードで楽しく読める、歴史・時代小説ファン必携のコンパクト事典。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 貴重な記録を残された方だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1925年生まれ。2007年没。東京府生まれ。慶應義塾大学卒業。 1943年、慶應義塾大学在学中に、教授奥野信太郎の紹介で三田村鳶魚に師事、徳川幕府関係の記録を譲り受け、帝国図書館に勤務、戦後は会社員。1980年代より研究を再開、徳川幕府制度の実態を明らかにする。

「2016年 『江戸の旗本事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川恭一の作品

ツイートする
×