能の読みかた (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044000851

作品紹介・あらすじ

1演目が3ページほどで簡潔にまとまっている。平易な言葉で、様々な観点から説明されていて、普通の「入門書」とはまったく異なる。自由に感性で観る楽しさを教えてくれ、かつ、古典文学や民俗学に精通した著者ならではの視点が鋭く、その深い洞察が興味深い。能を見ることになったら、ぱっと3ページ読んでから出かけてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どの程度一般的な読み解き方かはわかりませんが、それぞれ納得のいく読み解き方。
    能の演目(と言うのかな?)の知識を広く得るのにも良い本ですね。
    ちょっと能も観に行きたい感じがしますね。
    もう少し気楽に観られる環境があるといいんだけどな。

  • <目次>
    曲のタイトルでアイウエオ順に

    <内容>
    脳の謡曲の内容がよくわからないので購入。実際に見てみないとわからない面も多々あるけど、雰囲気はわかった。背景や歴史を踏まえて見るとよくわかるんだろうな…

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家・国文学者。慶応義塾大学大学院博士課程満期退学。日本 エッセイスト・クラブ賞を受賞した『イギリスはおいしい』をはじめとする 3 部作でイギリスブームを牽引した。『ケンブリッ ジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞。古典論、エッセイ、小説、詩、能楽、料理書等、著書多数。『謹訳源氏物語』(全10巻)で毎日出版文化賞特別賞。『英国田園譜』『リンボウ 先生イギリスへ帰る』『林望のイギリス観察辞典』(講談社エッ セイ賞受賞)などイギリス関係の著作多数。近著は、10年に わたる旅と食の写真日記、『旅ゆけば味わい深し』。

「2021年 『Tea Time 10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林望の作品

ツイートする
×