日本の五感 小堀遠州の美意識に学ぶ

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001391

作品紹介・あらすじ

遠州茶道宗家家元、小堀宗実が華甲を迎えて語る境地。
日本人が古来大切にしてきた「五感」に基づく美意識を、茶道の視点からひもとく。

【目次】
序 綺麗さび
珠光のわび茶から利休へ
利休と遠州
心くばりの茶会

第一章 みる [視覚]
みる [視覚]
亭主の意図
華甲の茶事
南国茶会
見極める
正客とは
再会した「紅葉」とさらにふたたび
歴史や背景を知る
掛物。墨跡から小倉色紙まで
擁翠亭
心境で変わる、ものを見る目
銘をつける
茶入「橋立」への思い入れ
目利き
見えないものを、見る

第二章 きく [聴覚]
きく [聴覚]
きくことで、見える
湯返しの音
銅鑼の音
言葉をかけるタイミング
松籟
湯返しの音を合図に、光を

第三章 かぐ [嗅覚]
かぐ [嗅覚]
一木四銘
茶席の香
お香の銘
中立の香り
後入の香り

第四章 あじわう  [味覚]
あじわう  [味覚]
二段構えのご飯
器の話、道具の選び方
会席の箸
東西の味

第五章 ふれる [触覚]
ふれる [触覚]
「卯花墻」
国宝「喜左衛門」と「利休ととや」
新しいものをつくるということ
虫食いの茶杓
利休の「尺八」と遠州の「深山木」
茶杓の違い


五感のキーワード
1 デュアルスタンダード
2 しめる
3 若いと青い
4 残心
5 感性の伝承

著者プロフィール

昭和31年(1956)、遠州茶道宗家12世小堀宗慶の長男として生まれる。
昭和54年、学習院大学法学部卒業の後、臨済宗大徳寺派桂徳禅院にて、大徳寺518世福冨以清禅師のもとで禅の修行を積み、昭和56年師より「宗以」の号を授かる。
昭和58年副家元に就任。平成12年(2000)大徳寺管長福冨雪底老師より、「不傳庵」「宗実」の号を授かり、平成13年元旦より、13世家元を継承する。
公益財団法人 小堀遠州顕彰会 理事長。東京茶道会 理事長など役職多数。

「2017年 『新・小堀遠州の書状』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小堀宗実の作品

日本の五感 小堀遠州の美意識に学ぶを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする