小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む (角川ソフィア文庫)

  • KADOKAWA
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001421

作品紹介・あらすじ

城もなく武士はわずか数十人。人口一万人余りの伊予小松藩には、江戸時代で唯一、150年以上も書き継がれた日記がある。互いに顔の見える小藩だからこそ、代々の幹部たちは私利を計らず誠実に藩政に取り組んできた。不作の兆しを把握し、大飢饉には一人の餓死者も出さなかった。領民の命を守ることが優先された、類をみない善政が日記から読み取れる。天災、幕府の圧政を乗り越えたもう一つの江戸時代がわかる貴重な記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:218.3A/Ma67c//K

  • 29年8月7日読了。伊予小松藩1万石。人口1万人。正式な武士は数十人。面積は今の村や町程度の規模。城も持たない小さな藩ではあったが、江戸期を移封も改易もなく乗り切った。ペリー来航時には、幕命で沿岸警備にもあたる。準備を始めると様々な不備が発生。異変を知らせる法螺貝がちゃんと鳴らない。大砲が使い物にならない。足軽達が具足を整えるお金を貸して下さいと藩に無心に来る。巡回や連絡用の馬が必要だが、藩には一頭しか馬はいない。笑える様な記録。しかし小松藩は、困難に直面する度に藩士と領民が一つになって、乗り越えてきた。小さな取るに足らない藩の、大きな素晴らしい記録。その時代を生きた人々の、息遣いまで聞こえるような貴重な記録が、残されていた。

  • 伊予国小松藩、一万石。藩士は足軽含めて100名ほど、領民合わせて一万人ほどの小さな国の家老が政務を取った会所で付けていた日々の記録「会所日記」本書はその会所日記を元にした江戸中期から幕末までの物語です。前半は藩の成り立ちから主に武士を、後半は領民の暮らしについて書かれています。
    譜代の藩に囲まれ、慢性的な財政難や飢饉と戦いながら取り潰されないよう、また餓死者を出さないよう努める傍ら、向学心のある藩士には奨学金を出して学ばせたりとか、時代劇につきものの悪代官とは全く無縁の藩であるようです。といっても犯罪行為がないわけではなく、その折に活躍した目明かしについても触れられています。
    歴史を動かすような事件があったり、人物を輩出したわけではありません。そういう意味では他の歴史本に出てくることはないかもしれませんが、平凡でも日々を懸命に生きる姿に十分共感できます。現代人は江戸時代で生きることは難しいかもしれませんが、武士といっても現代の人に通じるものを持っていたんだなあというのが感じられる本と思います。それは著者の語り口によるものかもしれませんが、「会所日記」全文を読んでみたいと思うほど興味を持ちましたね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1930年長崎市に生まれる。旧制甲南高等学校卒業。以来、将棋史および盤上遊戯史を研究。
大英博物館リーディングルーム・メンバー、国際チェス史研究グループ会員、チェス史研究支援財団名誉会員、チェス・コレクターズ・インターナショナル会員、遊戯史学会会長、日本将棋連盟将棋歴史文化アドバイザー。第17回将棋ペンクラブ大賞特別賞、第21回大山康晴賞受賞。
著書に、『賭博の日本史』『碁打ち・将棋指しの江戸』『碁打ち・将棋指しの誕生』『将棋の起源』『盤上遊戯の世界史』『日本遊戯史』『日本遊戯思想史』『将棋の歴史』『遊戯の起源』『江戸の目明かし』(以上、平凡社)、『将棋I・II』『盤上遊戯』『賭博I・II・III』『碁』『さいころ』『すごろくI・II』『合わせもの』『チェス』『遊戯I・II』(以上、法政大学出版局)、『将棋の駒はなぜ40枚か』(集英社)、『ゲームの博物誌』(JICC出版局)、『将軍家「将棋指南役」』(洋泉社)、『小さな藩の奇跡』(KADOKAWA)など。

「2021年 『〈大橋家文書〉の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

増川宏一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×