太陽王ルイ14世 ヴェルサイユの発明者

著者 :
  • KADOKAWA
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001735

作品紹介・あらすじ

富と美の象徴「ヴェルサイユ宮殿」。いわば豪華絢爛美学の究極を造りあげたのは「太陽王」ルイ14世である。その複雑な人物像から政治手腕、女性遍歴と宮殿改築の知られざる関係まで徹底解剖する歴史エッセイ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鹿島茂『太陽王ルイ14世』角川書店,2017
    単純に楽しみでよんでいる。鹿島氏の本は長いのに読みやすくて好きである。といっても、読んだのは『怪帝ナポレオン三世』と『明日は舞踏会』くらい。この本が読みやすいのは、たぶん、疑問の提起のしかたとか、用語の解説などがいい具合にはいっているからではないかと思う。いわば講義式である。

    考えてみれば、絶対王政(的なもん)というのは、歴史をみるときに大事である。どんな国にしろ国として一体であるからには中央集権の側面があるんだが、いきなり官僚制と市民社会ができたわけじゃなくて、まず、王と臣民(要するに王様以外は平等)という関係ができ、革命がおこって市民社会が(いちおう)できあがるんである。

    で、絶対王政をやるには、いろんな利権をもっている貴族をおさえこんで、官僚制をつくって上意下達のしくみをつくらないかんのだが、既得権益をもっている人間を黙らすのはそう簡単じゃない。反乱やら陰謀やらがいっぱいである。

    この本では官僚制とは、べつに「宮廷」をつくって、儀礼の力で、貴族を相互に牽制させ、飼いならしながら、親政をすすめていくルイ14世の姿がかかれている。

    とはいっても、メインはヴェルサイユ宮殿の建設にからむ男女の恋愛の話だったりする。

    ルイ14世の初恋はマザラン枢機卿の姪のオランプ・マンシーニで、彼女が文学少女だったから、ルイも勉強をしたそうだ。スペインとの政略結婚で、マリア・テレーズを妻とするが、弟の妻(アンリエット・アングルテール)と不倫し、この不倫がバレないように、アンリエットの提案でルイが侍女のラ・ヴァリエール嬢にご執心ということにしようと示しあわせるが、なんとも可憐なこの侍女にルイが本気になってしまい、公認の愛人となってしまう。その後、美貌でイジワルなモンテスパン夫人がルイの寵愛を略奪する。「媚薬」をつかったり、「黒ミサ」までしたというからスゴイ。これは関係者の取り調べ資料にのっている史実だそうだ。晩年はマントノン侯爵夫人と秘密結婚するが、彼女は信心深い女性で、なんとも落ちついた関係になるが、ナントの勅令を廃止して、プロテスタントを弾圧したのは、コルベールの産業振興を台無しにしてしまった。スペイン継承戦争など、晩年の二つの戦争も実質敗北であった。

    ルイ14世の弟は、将来兄をしのぐことがないように、幼いころから女装で育てられ、同性愛の相手もあてがわれたそうだ。

    社会史としておもしろいのは、エマニュエル・トッドなどの家族類型人類学を引いて絶対王政の成立を論じている部分である。パリ周辺は平等相続の家族だったけど、南仏や30年戦争でえた北部などは長男が家産を相続する直系相続で、次男・三男が土地を与えられずに独立せねばならず、教会や軍隊にながれ、この次男たちが官僚制を支えたようである。直系家族は土地が分割されないから、村としてのまとまりもよく、租税もかけやすくて、次男たちが余るから徴兵もしやすいらしい。また、将来、次男たちが独立しなければならないから読み書きを家庭で教えるから、識字率が高くて勤勉だそうである。プロテスタントというのはこういう直系家族類型におさまるようである。

    ポルトガル史を読んだときも、次男・三男のために初期アフリカ探検航海が行われたと書いてあったが、案外、この問題は大きい。柳田国男も「日本の都市は次男らがつくった」(『都市と農村』)でいっている。租税の納入などの仲介で農村の次男らが都市に住み込んだらしい。中国の場合は均分相続だから、名家も何代もつづくと土地が分割されて没落する。だから大きな家族が徒党を組んで、勝手に湖を埋めたてたり、いろいろとたいへんなことが起こる。歴史の原動力というのは、こういうところにあるんかなと思ったりした。

    そのほかにも、ヨーロッパの王族の名前(アンリとかシャルルとかルイとか)は、支配階級のゲルマン系の名だとか、妃は国名を氏とするというような、基本的なことも書いてある。アンヌ・ドートリッシュは「ド・オーストリア」の意味だし、弟の妻は「ド・アングルテル(英国)」で「ダングルテール」なんだそうだ。

    著者の「ドーダ」史観は文学者ならではで、おもしろいが、歴史としてそこまでいいきれるのかというのは疑問に思う。なかなか心理というのはわからんものだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

鹿島茂

一九四九(昭和二十四)年、横浜に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。二〇〇八年より明治大学国際日本学部教授。二〇年、退任。専門は、十九世紀フランスの社会生活と文学。一九九一年『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞、九六年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、九九年『愛書狂』でゲスナー賞、二〇〇〇年『職業別パリ風俗』で読売文学賞、〇四年『成功する読書日記』で毎日書評賞を受賞。膨大な古書コレクションを有し、東京都港区に書斎スタジオ「NOEMA images STUDIO」を開設。書評アーカイブWEBサイト「All REVIEWS」を主宰。

「2021年 『パリのパサージュ 過ぎ去った夢の痕跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鹿島茂の作品

ツイートする
×