貞観政要 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001742

作品紹介・あらすじ

全リーダー必読の書! 中国史に残る天下泰平の時代をつくった政治訓とは?
中国四千年の歴史で最も安定した時代「貞観の治」を成した名君が、上司と部下の関係や、組織運営の妙を説く。現代のビジネスリーダーにも愛読者の多い、中国の叡智を記した名著の、決定的入門書!

【目次】
はじめに
凡例

一、明君の条件
君たるの道はまず身を正す
明君と暗君の違い
十思九徳を保つ
謙虚にその道の達人に問う
後の人から笑われぬ王となる
災害と人君の徳
迷信よりも哀れみの心

二、創業か守成か
創業と守成はどちらが難しいか
終わりを全うする
天下を守り続ける難しさ
国の統治は病の治療のように

三、諫める臣下、聞き入れる君主
諫諍の大切さ
君臣の道
明君と忠臣は魚と水
諫諍を納れる
情を尽くして極諫する
諫諍の難しさ
兆しを諫める
逆鱗に触れるのを恐れない
皇后の諫め

四、かけがえのない人材
忠誠を尽くし諫諍する臣下
三つの鏡
義兵を起こす
虞世南の五絶

五、前轍を踏むな
樹木を植えるように
長城よりも賢良の士
隋の煬帝に直言できない臣下
虞世基は煬帝と死ぬべきだった

六、後継者をどう養成するか
皇太子と諸王の分限
太子の教育係
胎教だけが太子教育ではない
諷諫と犯諫
狩猟の礼

七、人を選ぶ
時代の中から人を選ぶ
身の丈に合った職務を
自薦は信用しない

八、儒学を尊ぶ
今の政治の劣る原因
仁義を本とする政治
武器よりも仁義
儒学の振興
孔子廟への配享
五経正義の成立

九、言葉と行動に責任を持つ
言葉の大切さ
讒言は聞き入れない
読書の大切さ
後悔しないための読書
実録にはありのままを書く

関係略年表
テキスト解説
主要登場人物解説
あとがき
主要語句索引

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国古典にあまり詳しくない初心者でも大変分かりやすく、しかも今流行りの中国古典をビジネスに活かすノウハウ本特有のこじつけもない良書。
    本書は昔から帝王学のテキストとして有名で、天皇陛下がご進講を受けられるなど、あまり一般庶民には馴染みがなく、中国古典の中ではあまり知名度の高くない部類に入るけれど、一般庶民でもとても参考になる。過去の悪い例として隋の煬帝始め、漢の武帝の失敗など、様々な反省も随分盛り込まれているけれど、残念ながらここで挙げられる事例のうち、現代日本の大組織で当てはまりそうな話は少なく、改めて組織と個人との関係の有り様を深く考えさせるものになっている。

  • 東2法経図・開架 222.04A/Y96j//K

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1957年島根県生まれ。大阪大学教授。大阪大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。北海道教育大学講師、島根大学助教授、大阪大学助教授を経て、現職。著書に『諸子百家』『菜根譚』『論語』(すべて中公新書)、『入門 老荘思想』『軍国日本と「孫子」』(ともにちくま新書)、『貞観政要』『孫子の兵法』(ともに角川ソフィア文庫)、『概説中国思想史』『名言で読み解く中国の思想家』『テーマで読み解く中国の文化』(すべて編著、ミネルヴァ書房)など。

「2018年 『中国の世界遺産を旅する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貞観政要 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

湯浅邦弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピーター ナヴァ...
トマ・ピケティ
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする