広重 HIROSHIGE ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001766

作品紹介・あらすじ

国内外でもっとも知名度の高い浮世絵師の一人、歌川広重。遠近法を駆使した卓越したリアリティー、四季の変化がもたらす風景の繊細な表情、鋭敏な色彩感覚。それらがあいまって生み出されるしみじみとした情趣感。幕末から現代にいたるまで、見る者の心をとらえて離さないその魅力を、「東海道五拾三次」「名所江戸百景」をはじめとする代表的作品とともに詳説。一般にはなじみのない美人画や狂歌絵本、肉筆画なども網羅。作品の全体像を俯瞰した、広重入門決定版。
第一章 広重の手法  
■遠近法を駆使する
■四季の表情をとらえる
■稀代のカラリスト

第二章 街道もの  
■東海道五拾三次
■木曾海道六拾九次


第三章 江戸名所  
■一幽斎描き東都名所
■喜鶴堂版「東都名所」と「江戸近郊八景」
■さまざまな江戸名所絵揃物
■名所江戸百景


第四章 諸国名所
■諸国名所
 

第五章 美人画と花鳥画
■美人画
■花鳥画


第六章 さまざまな画面形式
■短冊絵
■貼交絵
■団扇絵


第七章 絵本と肉筆画 
■絵本
■肉筆画

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。国立歴史民俗博物館教授・総合研究大学院大学教授。
専門は日本近世絵画史。
著書に『広重と浮世絵風景画』(東京大学出版会、2007年)、『カラー版 浮世絵』(岩波新書、2008年)、『浮世絵出版論―大量生産・消費される〈美術〉―』(吉川弘文館、2013年)などがある。

「2017年 『鍬形蕙斎画 近世職人尽絵詞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大久保純一の作品

ツイートする
×