人生はいつもちぐはぐ (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001834

作品紹介・あらすじ

昔のおとなが背中で伝えた、生きるうえで大切なこと。
未来の同業者にみっともない仕事はできないという、職人の矜持。
般若心経を丸ごと暗記した五歳児のまなざしの先にあるもの。
大きな災害を前に口ごもるしかない、私たちの気持ち――。
生きることの機微をめぐる思考が、
日々の出会いやエピソード、遠い日の記憶から立ち上がる。
まなび、痛み、しあわせ、自由、弱さなど、
身近なことばを起点に広がってゆく哲学エッセイ。

(角川学芸出版刊『おとなの背中』改題)


【目次】

まえがき ―― 「これで死ねる」と言えるとき

1.伝えること/応えること

2.おとなの背中

3.人生はいつもちぐはぐ

4.ぐずぐずする権利

5.言葉についておもうこと

6.贈りあうこと

7.東日本大震災後 2011-12

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鷲田先生らしい言い回し。難しいことこそ考え抜く思考の肺活量を

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年 京都府生まれ.
[現職]大阪大学文学部教授.[専門]哲学,倫理学.
『モードの迷宮』ちくま学芸文庫,1996.『じぶん・この不思議な存在』講談社現代新書,1996.『ちぐはぐな身体』ちくまプリマーブックス,1995.『人称と行為』昭和堂,1995.『見られることの権利』メタローグ,1995.『だれのための仕事』岩波書店,1996.

「1997年 『原理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷲田清一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

人生はいつもちぐはぐ (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×