日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」 (角川ソフィア文庫)

著者 : 網野善彦
  • KADOKAWA (2017年3月25日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001919

作品紹介

「なぜ、平安末・鎌倉という時代にのみ、すぐれた宗教者が輩出したのか」。高校教諭時代、教え子から問われて以来30年余、通説を覆す数々の研究の過程で見えてきたものとは何か。「無縁」論から「資本主義」論へ――対極に考えられてきた、宗教と経済活動との関わりを解明。中世社会の輪郭を鮮明に描くと共に、国民国家という枠組をも超えてゆくべき、現代歴史学の課題を提言。網野史学の全容を俯瞰できる名著。解説/呉座勇一

【序にかえて】
絵師の心 一遍と「乞食非人」  

【1 境界】
境界に生きる人びと 聖別から賎視へ  
中世の商業と金融 「資本主義」の源流  
補論 市の思想 〔対談者・廣末保氏〕  

【2 聖と賎】
中世における聖と賎の関係について  
中世における悪の意味について  

【3 音と声】
中世の音の世界 鐘・太鼓・音声  

【4 宗教者】
一遍聖絵 過渡期の様相  

【あとがきにかえて】
宗教と経済活動の関係  

初出一覧  
解説 呉座勇一

日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間が所有できない神仏の領域=無縁。俗世界と縁が切れたがゆえに物と物は交換取引できる。無縁こそ商業と金融の発祥地。このように宗教と経済を不可分に結び付けた網野史学の要諦を講演録や対談からまとめた内容。被差別民についても斬新な視点を提示している。かつての遊女や乞食、河原者は神仏・天皇に仕える芸能民=非農業民であり、蔑視の対象ですらなかった。むしろ神聖を帯びた存在として一般の平民、農民から特別視されていた。が、13世紀以降、銭の流通による貨幣経済の発展と戦乱によって神仏・天皇の権威が低下し、伴い芸能民たちは穢れた存在、悪や悪党とみなされ差別の対象となったという。彼らの救済に乗り出したのが、いわゆる鎌倉新仏教の開祖たちで、鎌倉という時代に優れた宗教家が輩出した理由がここにある。と、非常に刺激に満ちた網野史学の歴史は大変おもしろい。ただ、著者の「日本の歴史をよみなおす」など他の著作を読んだことがある人は、本書と重複する内容が多いので読む必要はないかもしれない。

  • いわゆる近世において(制度的に)差別された人々が、差別の対象ではなかった時代があり、そんなもの(ごと)の見方の変遷と、社会のあり方の移り変わりは密接にリンクしていた。一口に日本といっても、現代あるいは現代に繋がる時代と、一方社会や価値観が異なる時代とでは、まるで別の国、というか世界だったのではないかと気付かされる。本書ではその境目として中世が扱われ、生業が農業のみでなく「資本主義」的な側面とそれらに関わっていた人々にスポットを当てている。〜と思う、など推測の書き方が多い為、著者の史観を鵜呑みにするのではなく、更なる研究・関連書を読まねば片手落ちになるかも知れないが、未知の角度から日本を眺めるきっかけを提供してくれる本ではあると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

網野善彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」 (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ツイートする