古代研究I 民俗学篇1 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044001964

作品紹介・あらすじ

「本論を読み解く上で、これ以上に優れたシリーズは他に存在しない」(安藤礼二)

折口にとって「古代」とは単に歴史の時代区分を示すものではなかった。熊野への旅で光輝く大王崎を眼前にし、その波路の果てに「わが魂のふるさと」を感じたことを「かつては祖々の胸を煽り立てた懐郷心(のすたるじい)の、間歇遺伝(あたいずむ)として、現れたものではなかろうか」と記す。「古代研究」はまさに彼が実感を通して捉えた、古代的要素の探求なのである。全論文を完全収録する決定版!
解説・池田弥三郎/安藤礼二

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読まなくてはならない本が沢山溜まっているのに、手を出してしまった……。

    私は、折口信夫という名より釈迢空の方がやや慣れているように思う。
    全論文を完全収録しているとのこと。
    この巻では、琉球信仰と髯籠の話が中心。

    個人的には「よばい」と真名の関係。
    「おめでとう」は目下の者が目上の者に使う言葉で、反対はなかったということなんかは面白い。


    「いわゆる「異教」の国人の私どもには、何の掛り合いもないクリスマスの宵の燈に胸の躍るのを感じるのは、古風な生活の誘惑に過ぎまい。
    くりすますの木も、さんた・くろうすも、実はやはり、昔の耶蘇教徒が異教の人々の「生活の古典」のみやびやかさを見棄てる気になれないで、とり込んだものであったのである。」

    しきたりとして正月の国旗掲揚、門松と対比して述べている文なのだが、思わず笑ってしまった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1887年~1953年。国文学者、民俗学者、歌人、詩人。歌人としての名は「釈迢空」。大阪府木津村生まれ。天王寺中学卒業後、國學院大学に進み、国学者三矢重松から恩顧を受ける。國學院大学教授を経て、慶応義塾大学教授となり、終生教壇に立った。古代研究に基を置き、国文学、民俗学の域に捉われることなく学問研究を続けた。代表作に『古代研究』『口訳万葉集』『死者の書』、歌集に『海やまのあひだ』『倭をぐな』(角川ソフィア文庫『釈迢空全歌集』に収録)等がある。没後、全集にまとめられた功績により日本芸術院恩賜賞を受賞。

「2017年 『死者の書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古代研究I 民俗学篇1 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

折口信夫の作品

ツイートする