官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方

著者 :
  • KADOKAWA
3.75
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044002091

作品紹介・あらすじ

武蔵国多摩郡に生を受け、新選組副長として京都で勇名を轟かした土方歳三。鳥羽伏見の敗北後、不屈のリーダー・近藤勇が捕縛斬首され、天才剣士・沖田総司が肺結核で世を去っても、土方は新政府軍と戦い続ける。京都、勝沼、宇都宮、会津そして箱館。戦い尽くした男の生涯。薩長の新政府=正義、という図式が取り払われると、時代遅れの殺人集団として論じられていた新選組とそれを率いた土方の実像が浮かび上がる。

草莽の章 尚武の郷
◎八王子千人同心◎武州日野宿石田村◎女と剣と薬売り◎多摩の田舎剣法◎試衛館の華 沖田総司◎悲劇のエリート 山南敬助

動乱の章 洛中動乱
◎旅立ち◎浪士組分裂◎壬生浪士組◎新撰組登場◎芹沢粛清◎同士討ち 「池田屋事変」◎壬生の夕焼け

抗戦の章 東へ
◎鳥羽伏見◎開戦前夜◎刀槍の時代に非ず

流転の章 恭順せず
◎甲陽鎮撫隊惨敗◎江戸開城、なお恭順せず◎北へ◎土方散る

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「明治維新という過ち」の著者が幕末三部作を経て書かれたもの。
    幕末三部作では、明治政府の官教育を徹底的に糾弾し、新たな明治維新像を示してくれたが、新撰組については通り一遍の知識しかないため、本書が一般的な理解とどのくらい外れているのかはわからない。
    しかし著者の解釈が相応にあったとしても十分に納得できるし、読み物としても楽しめた。

  • 藤原作品は 目から鱗

  • 17/07/19

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

原田 伊織(はらだ いおり)
1946年生まれの作家。歴史評論家。京都市生まれ。大阪外国語大学卒。広告代理店でマーケティング・プランニング、コピーライティングやTBS系列「赤いシリーズ」などの番組企画に携わる。
2005年私小説『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で作家デビュー。『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』が歴史書としては異例の大ヒット作となり、「明治維新論争」に火をつけた。
主な著書に『三流の維新 一流の江戸』(ダイヤモンド社)、『官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方』(KADOKAWA)、『明治維新 司馬史観という過ち』(悟空出版)、『日本人が知らされてこなかった「江戸」』(SBクリエイティブ)、『原田伊織の晴耕雨読な日々~墓場まであと何里?~』(毎日ワンズ)などがある。

官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方のその他の作品

原田伊織の作品

ツイートする