幸福の条件 アドラーとギリシア哲学 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044002589

作品紹介・あらすじ

哲学、心理学的な視点で、幸せとは何か、生きることとは何かを考察する、アドラー心理学で有名な岸見一郎氏の幸福論。著名な哲学者たちの論考を引きながら、「より善く生きる」ための考察を繰り広げる。
過去がどうであれ、これからを決めるのは今。今の行動によって未来は変わっていく。過去の体験、生育歴、性格など、何らかの理由があるから幸福ではないというのは、それを口実に、幸福にならないでおこうと自分で決めているということにすぎない。「不幸の心理 幸福の哲学」唯学書房刊を文庫化。

第1章 なぜ幸福になれないのか
 苦悩や不幸について/原因論と目的論/神経症について
第2章 幸福な対人関係を築く
 私を超える/支配したがる人について/感情のコントロールについて/対人関係をよくする相互尊敬/対人関係をよくする相互信頼/対人関係をよくする協力作業/対人関係をよくする目標の一致/近すぎず、遠すぎず
第3章 幸福とライフスタイル
 ライフスタイルが人の幸福、不幸にかかわる/自己受容/他者信頼/貢献感
第4章 幸福の位置
 抽象的思考と具体的思考/消えた幸福
第5章 善く生きるとは
 自己像とは?/自由に生きる・運命を変える/運命や理不尽にどう立ち向かうのか/今ここで

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「幸福」について深く考えさせられた。

    著者の直接的な体験が語られている部分が多く、
    それが理解を深める手掛かりになっている。

    またいつか、読み返したいと思う。

  • 元のタイトルは「不幸の心理、幸福の哲学」で、加筆してタイトルも変わっている。
    なのでアドラー心理学の幸福についての引用は多くない。哲学やエッセイなどからの原典を示した引用が豊富で、アドラー心理学から哲学に少し興味を持つきっかけになるかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1956年、京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門はギリシア哲学、アドラー心理学。著書に『アドラーを読む』『アドラーに学ぶ』(ともにアルテ)、訳書にアルフレッド・アドラーの『人生の意味の心理学』『個人心理学講義』『生きる意味を求めて』『子どもの教育』(以上アルテ)などがある。

「2021年 『子どものライフスタイル〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸見一郎の作品

幸福の条件 アドラーとギリシア哲学 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×