人生論ノート 他二篇 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044002824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賢い人の考えを勉強できる。人として大切なものは何か、考えるヒント、もっというと指針となる。

  • 高校の現代文の教科書で「旅について」で,三木清に出会ったと思う.高校生ながらにして,とても引きつけられる文章で,国語の授業として読むものというよりも,何度も読み返して反芻したくなるものだった.
     
    最近,岸見一郎さんがこの三木清の人生論ノートを解説する本を出したりして,もう一度じっくりと読みたくなった.色々な出版社からも出ているけれど,角川ソフィア文庫から岸見一郎さんの解説で出版されたものがあったので,購入した.
     
    解説を読むと,より深い理解が得られる.この人生論ノートがどのような時節に書かれたものなのか.そういったことも踏まえてもう一度読み直すと,凄く攻めていることがわかる.
     
    哲学というものの扉を開く,良い読み物だと思う.何度も反芻して読み直したい.

  • 目から 鱗が落ちっぱなし。読前と 読後では 人生観が変わる。人生の希望の書。

    「○○は〜である」という断定文が心地いい

著者プロフィール

1897年、兵庫県生まれ。京都帝国大学哲学科卒。ドイツ留学を経て法政大学教授等を務めるが、1930年に法政大学を辞してからはジャーナリズムで活躍。1945年3月に検挙・拘留され、敗戦40日後の9月に獄死。享年48歳。著作は『三木清全集』全二十巻(岩波書店)にまとめられているほか、『人生論ノート』(新潮文庫)、『読書と人生』(講談社文芸文庫)などは文庫化されている。

「2017年 『三木清遺稿「親鸞」 死と伝統について』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生論ノート 他二篇 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

三木清の作品

ツイートする