虞美人草 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044002848

作品紹介・あらすじ

美しく聡明だが、我が強く、徳義心に欠ける藤尾には、亡き父が決めた許嫁・宗近がいた。しかし藤尾は宗近ではなく、天皇陛下から銀時計を下賜されるほどの俊才で詩人の小野に心を寄せていた。京都の恩師の娘で清楚な小夜子という許嫁がありながら、藤尾に惹かれる小野。藤尾の異母兄・甲野を思う宗近の妹・糸子。複雑に絡む6人の思いが錯綜するなか、小野が出した答えとは……。漱石文学の転換点となる初の悲劇作品。

【目 次】

虞美人草

注釈
解説 佐古純一郎
新版解説 小森陽一
文献抄
年譜

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治時代の知識層における、男女六人の恋模様。
    好いた惚れたがテーマの割に、当事者間の会話が全体の1割にも満たないが、これが当時想像し得る、男女関係の限界だったのか。
    高等遊民の男性達の、清々しいまでの自分本位っぷりが笑える。
    教育を受けた女性が、ちらほら出現していた頃と思われ、そしてそういう女性が、煙たがられていた時代だったんだろう。藤尾の扱いがあんまりである。

全2件中 1 - 2件を表示

虞美人草 (角川文庫)のその他の作品

虞美人草 (角川文庫) Kindle版 虞美人草 (角川文庫) 夏目漱石

夏目漱石の作品

ツイートする