情報武装する政治

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044002862

作品紹介・あらすじ

インターネット登場以後、さらなる技術革新とその利活用により、政治家、政党のメッセージは、よりスマートな形で我々の生活に入り込みつつある。自民党を中心に各政党のメディア戦略の実態を解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 政治(主に選挙)のインターネット利用についての本。
    インターネット利用といえば、昔、ニコニコ動画で小沢一郎がニコ動ユーザーにむけたメッセージ動画を配信したのが印象的なのだけど、その話については触れてなかった(だいぶ初期の頃だったと思う。確か、民主党が政権を取る前)。
    ポスト・トゥルースという言葉は初めて知った。客観的な事実より、虚偽であっても個人の感情に訴えるものの方が強い影響力を持つ状況のことをいうらしい。
    なお、最近では新聞を抜いてNHKが「情報の信頼性が高い」「情報が正確である」と思われてるらしい。そうなのか。ちょっと意外。まあ確かに、吉田事件の影響といわれたら納得した。
    にしても、最近の共産党は若者世代を読書に想定した雑誌なんて作ってるのか。しかも、かなり爽やかそう。知らないうちに広報の雰囲気変わってるんだなぁ。

  • 東2法経図・6F開架 312.1A/N81j//K

  • 2018/03/24 23:54 ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフルにて紹介。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

西田亮介(にしだりょうすけ)
一九八三年京都生まれ。社会学者。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。(独)中小企業基盤整備機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大学大学院特別招聘准教授などを経て現職。『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』(NHK出版/二〇一三年)『メディアと自民党』(角川新書/二〇一五年/社会情報学会二〇一六年優秀文献賞受賞)『なぜ政治はわかりにくいのか:社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社/二〇一八年)『情報武装する政治』(KADOKAWA/二〇一八年)など。

「2019年 『「言葉」で読み解く平成政治史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

情報武装する政治のその他の作品

西田亮介の作品

ツイートする