日本文学の発生 序説 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044002961

作品紹介・あらすじ

「優れた著作である、というより怖ろしい力を秘めた本である」――三浦雅士(新版解説)

あるものを発生させる力というのは、その発生自体が目的で終息するわけではない。発生した後もその力は一つの傾向を保ち、発生させたものの変化を促し続けるのである――。古代人が諺や枕詞、呪詞に顕した神意と神への信頼を、折口は「生命の指標(らいふ・いんできす)」と名づけ、詩歌や物語の変遷を辿りながら、古代より脈打つ日本文学の精神を追究する。生涯にわたり書き改め続けた貴重な論考。
解説・井口樹生/三浦雅士

(目次)
詞章の伝承
文学様式の発生
律文学の根柢
声楽と文学と
小説戯曲文学における物語要素
文学と饗宴と
異人と文学と
翁舞・翁歌
日本文学の内容
日本文学発想法の一面――誹階文学と隠者文学と
笑う民族文学

追い書き
解説「日本文学の発生 序説」の課題 井口樹生
新版解説 凝視と方針 三浦雅士
著者略年譜

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昨年購入して、途中挫折していた本。
    読み飛ばしつつなので、レビューは参考にならないと思います。

    「詞章の伝承」
    本歌取りについて、「単に他の歌を、新しい歌の上に重複させるという目的から離れて、ただ技術のための技術として、ある歌の一部に示されるのは、先行歌の一部に止るに過ぎないことも、多くなって来た。ただし、どの場合にも、先行歌は、文学としての取り扱いを受けるのでなしに、知識としてとりこまれているに過ぎない。
    しかも古代の歌にある知識は、単なる知識ではなかった。いわば神から授った神の知恵であったのだ。……歌は、諺と同様のものと見なされる要素を十分に持っているために、忘れまいとし、記憶から放すまいとしたのである。」

    「小説戯曲文学における物語要素」
    「私の語ろうとする叙事物語の要素の第一項は、中世から近代へかけて、物語文学の上に、最も人気の久しかった源義経の話で、筆をおくことになった。なぜ、あれほどの英雄が、義経記では、その幼い時代と、若くしてふたたび京に上り、鬼一法眼の兵法を盗む件と、そうして後、兄の憎しみを受けて奥秀衡の許に下り、ついにかしこに落命する、三箇の点を重心としたのであろうか。どうして、一代の晴れ、平家追討の軍記にはまったく、触れるには及ばなかったのか。」
    幼神信仰の形、若い姿の貴い流離者譚。
    幼神と育み人の関係。

    「日本文学発想法の一面」
    「『話す』という語の意義はわからぬが、ともかく『話す』と『語る』は別のことである。話すということが始まってからも、語の意義は幾変遷しているのである。また『おとぎ』という語の意義もわからない。だが少なくともこれに『伽』という字を当てる理由だけは推測出来る。『ぎや』という声は呪文の短いもので、これを唱えることによって、闇黒を打払うことが出来ると考えた。」
    どうでもいいけど、驚いた時に出る「ぎゃー!」って言葉は、ここに関わりが?(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

歌人・詩人、国文学・民俗学・芸能史・宗教学者。筆名・釈迢空。
大阪府木津村生れ。國學院大學卒業。國學院大學教授、および慶應義塾大学教授。
1953年9月3日逝去(66歳)。能登の墓所に養嗣子春洋とともに眠る。

「2019年 『精選 折口信夫 Ⅵ アルバム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折口信夫の作品

ツイートする
×