英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.33
  • (0)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003104

作品紹介・あらすじ

天下の趨勢が激変する戦国乱世、織田信長と共に時代を駆け抜けた武将たちは何を考え、何が勝者と敗者を分けたのか。織田軍団とその宿敵たちに迫り、天下布武を掲げた信長の生と死をめぐる、波瀾のドラマを追う。勝者が敗者を書き記す、歴史の虚実に斬り込む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 織田さん関係のことは、今まで何冊か本を読んだり歴史を扱ったテレビ番組なんかを見てたので、ここに出てくる人、三法師さままではわかったけど、知らない人も何人か。
    織田さん周りには、結構親戚いたのねえ。

    歴史には、いろんな解釈の仕方があるんだなあと思わせる内容です。

  • 織田家関連の人物評伝。ほっといても通史で取り上げられるような人が多い。評伝スタイルなら鬼武蔵みたいにあんまり取り上げられない人にすればいいのに。エピ ソードがマジキチすぎて駄目かw特に変わったことが書かれているわけではない。あくまで著者の史観に基づているのでどうかなという思う部分はあるが、歴史を語 る楽しさを感じながら読めばいいと思う。

  • 著者の独自解釈を楽しむ本。この人も武将をサラリーマンになぞらえるのが好きで、現代価値観の援用連発に、ホンマか、とは思う。皆が社長を目指さないのと同様、信長が生きていた頃は、天下統一は織田信長と武田信玄しか考えてなかったという主張。

  • いつもどおりの伊沢節。

  • 2013/2/24 Amazonより届く。
    2018/5/1〜5/10

    織田信長に関係した武将の人物伝。良く知っている武将からマイナーな武将まで、中々興味深い。ふと思ったが、ヨーロッパでは中世の同様の本があったりするのだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』『日本史真髄』(以上、小学館)、『学校では教えてくれない日本史の授業』(PHP研究所)、『動乱の日本史』(KADOKAWA)など著書多数。

「2021年 『汚れた「平和の祭典」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

ツイートする
×