私たちは繁殖しているソーダ (角川文庫 う 12-57)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 共稼ぎトラブルの中心は金銭問題。ユーヤの親がイヤで籍を抜いて5年/漫画家のアシスタント作業も様変わり。コミスタで息子①娘①が手伝う/演劇の魔力。娘②は演技では行儀良く出来る/「朝起きられない」起こしてくれと頼まれるのは一層のトラブルのもと/娘①が訊く「パパと私とどっちが好き?」「パパを好きのは、パパがアンタを好きだからでもあるからつながっているんだよ」/満足度;SEX回数−口論回数、口論未満の「イラッ」が溜まる/息子②「せっくすしているの?」と訊く「一応あんたらの寝てる間にしてるから」/文庫後書で現状報告

  • そっか、ユーヤくんと別れる前の話か、、、

    長男くんが漫画描きたいと言い出したのが、おー、血か?と取るとジジさんに怒られそうですが。身近にあるものに興味を持つのは至って普通とも言えますな。キミがロンパースの頃から読んでるんだよ、ワシ(遠い目)。おっきくなったよなあ。


    片親が違うから不幸なんてのは嘘だ、とこのシリーズを読むと感じる。公平であること、伝えることを面倒がらない。つまりは正直であるちゅーのが必要である。それは家族は勿論外の世界にでも共通して言えるのかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年長崎県生まれ。漫画家、小説家、俳優、歌手。1984年に漫画家デビュー。1994年『私たちは繁殖している』『ファザーファッカー』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。その他の作品に『南くんの恋人』『あなたも奔放な女と呼ばれよう』など。私生活では4人の子どもの母親(夫はいない)。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田春菊の作品

ツイートする
×