動乱の日本史 日本人の知らない源平誕生の謎 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003210

作品紹介・あらすじ

天慶の乱、奥州合戦、保元の乱――武士たちが繰り広げる戦乱を起爆剤に、日本独自の思想や常識が時代を変革していた。歴史をつながりで読み直す、待望のシリーズ第一弾。『井沢元彦の激闘の日本史』を改題。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本特有の穢れ思想と軍隊の不在、その結果の武士の勃興による二重権力の成立について。この二つの日本人の系譜を現在に続くものとする(弥生人と縄文人以来の、前者=農耕民族的穢れ思想、後者=狩猟民族的な穢れを厭わない性質、という筆者の見立て)。すなわち、怨霊思想が底流にある貴族文化主導では決断力に欠ける政治となり、限界に達すると決断力に富む武士が出てきて社会構造改革を果たすというもの。現在は、明治以来の武断政治が途絶えて貴族主義的な決められない政治となっているという。これ自体は面白い視点。

    それを前提とした上で、朝廷権力から完全に独立しようとした地盤を地方に築くという意味で、武士の起こりを、平将門とする(朝廷官僚の坂上田村麻呂や京都の政変を狙った藤原純友ではなく)。また、源氏・平氏の勃興から保元の乱までを記述する。

    前者は面白い視点だが、実は、他の時代にも議論を伸ばしてそれだけを論じても良かったかも。源平時代の歴史が、特に後半は取ってつけた感じになっている印象あり。

  • 源平誕生の謎、なので、よくある平家物語舞台の歴史につながるあれこれが長く説明されていました。確かに授業でやらなかった部分だったり「そういう前提があったのねー」等、なるほどと思う部分が多かった気がします。「今で例えるなら」も若干乱暴さはありますがイメージしやすいというか。「そもそもこういう前提が」という説明って大事だなぁと思いました。でも何故かところどころカチンとくる表現がたまにあったような…個人的に。

  • 穢れ信仰の貴族とそうではない武士との違い。
    乱役変の違い

  • 20150131読了

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』『日本史真髄』(以上、小学館)、『学校では教えてくれない日本史の授業』(PHP研究所)、『動乱の日本史』(KADOKAWA)など著書多数。

「2021年 『汚れた「平和の祭典」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×