感じて、ゆるす仏教

  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003258

作品紹介・あらすじ

【章立て】
第一章 「感じて、ゆるす」の誕生編
第二章 「感じて、ゆるす」の方法論
第三章 「感じて、ゆるす」の人生論

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浄土真宗に縁があるものとしては、共通するところや考えさせられるところがあり、非常によかった。

  • 真面目に仏教をやっている人には面白い内容だと思うが、一般の人には、少し退屈な話だと思う。「感じて、ゆるす仏教」について詳しく知りたい方は他書を当たった方が良いと思う。

  • 購入 2018/06/03

  • 二ー仏さんのロジックが冴え渡る。ゼロポイント読み直そう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年、愛媛県生まれ。東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。82年、博士課程を中退し禅道場に入山、翌年得度。87年、渡米し現地で坐禅を指導する。2005年帰国。国内はもとより、Starbucks、Facebookなど、アメリカの大手企業でも坐禅指導を行う。17年5月より、オンライン禅コミュニティ「大空山磨せん寺(たいくうざんませんじ)」開創。共著に『アップデートする仏教』(幻冬舎新書)、『<仏教3.0>を哲学する』(春秋社)など。

「2019年 『現代坐禅講義 只管打坐への道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田一照の作品

ツイートする