ヘンな論文 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003340

作品紹介・あらすじ

珍論文ハンターのサンキュータツオが、人生の貴重な時間の多くを一見無駄な研究に費やしている研究者たちの大まじめな珍論文を、芸人の嗅覚で突っ込みながら解説する、知的エンターテインメント本!

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <目次>(原本は「第×本目」の表記)
    第1章 「世間話」の研究
    第2章 公園の斜面に座る「カップルの観察」
    第3章 「浮気男」の頭の中
    第4章 「あくび」はなぜうつる?
    第5章 「コーヒーカップ」の音の科学
    第6章 女子高生と「男子の目」
    第7章 「猫の癒し」効果
    第8章 「なぞかけ」の法則
    第9章 「元近鉄ファン」の生態を探れ
    第10章 現役「床山」アンケート
    第11章 「しりとり」はどこまで続く?
    第12章 「おっぱいの揺れ」とブラのずれ
    第13章 「湯たんぽ」異聞
    ほかコラム6本。

    熱文字や許可局で間違いなく同じ趣味だとわかるサンキュータツオ氏の「国語辞典の遊び方」に続く本。
    論文の面白さもタツオ氏の突っ込みの的確さもそもそもこの企画の素晴らしさも、実に美味しい本だった。

  • 「研究とはエンターテイメント、これが私の主張である。なにより研究している本人が一番ノリノリで興奮しているのだ。」(p.224 あとがき)

    世間話の研究、カップルの観察、浮気男の頭の中をのぞく…
    そんな珍論文たちを、著者が芸人の嗅覚でツッコミながら解説する。

    一見してヘンな論文にも、それを考えるために時間を割いた人がいて、研究の背景があって、正当な手続きが取られているのですね。めちゃくちゃ面白い!

    理解者が少なくて背中が寂しい人ほど、実は学術的価値の高いものを書いている、という著者の持論に賛成です。

    君もこの本を読めよ。やりたいことが見つからないなんて寂しいこと言うなよ…

    「学者とは得てしてそういうものです。『やりたいこと』『知りたいこと』がまずあって、それにもっともらしい理由を後付けしているという、なんとも愛らしい人種なのだ。そうでも言い訳しないと「いい大人がなにやってるんですか!」と奥さんとか実家とか大学に叱られたとき立場がない。」(p.10 一本目「世間話」の研究)

    こんなことに人生の貴重な時間を割いている人がいるんだ!と脳みそがしびれる体験を、あなたにも。

全3件中 1 - 3件を表示

ヘンな論文 (角川文庫)のその他の作品

ヘンな論文 (角川文庫) Kindle版 ヘンな論文 (角川文庫) サンキュータツオ
ヘンな論文 単行本 ヘンな論文 サンキュータツオ

サンキュータツオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
恩田 陸
伊坂 幸太郎
池井戸 潤
サンキュータツオ
今村 昌弘
伊坂 幸太郎
ヨシタケ シンス...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする