潜伏キリシタンは何を信じていたのか

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003456

作品紹介・あらすじ

230年の長きにわたり、信仰を守った潜伏キリシタン。2018年6月には世界遺産登録も予定されている。しかし本当に彼らはキリシタンを唯一の宗教としていたのだろうか。潜伏キリシタンの驚きの姿を明らかにする

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「先祖崇拝」と「義理と人情」
    よくわからなかった隠れキリシタンについてこの言葉でスッキリした。

  • 禁教の時代に仏教を隠れ蓑にして命がけで信仰を守り通したとされる潜伏キリシタン。
    しかし導く者もなく、日本人には馴染みのない用語も多い教えを、識字率も高くない平民が正しく伝え信仰していたのだろうか。
    信仰を否定するものではない。彼らがどういった経緯でキリシタンとなり、何を守ってきたのかを紐解いていく本だ。

    禁教が解かれ宣教師と邂逅し、正しいカトリックの教えに帰った者たちもいる。が、先祖からの教えをそのまま受け継ぐ者もいる。
    潜伏キリシタンとカクレキリシタンの違い、オラショの解読、信仰の対象となったものなど、実に興味深い内容だった。

    ただ、最終章の「日本ではなぜキリスト教徒が増えないのか」というのは少し疑問。
    新興宗教団体の人数の増加を挙げてこれだけ世間に受け入れられているというが、そうではないように思う。
    それこそ家族が引きずり込まれるからだろうし子供は否応なしに入れられるからなのでは。

    敬虔で教義がそのままでなければならないという厳しいイメージがあるキリスト教が受け入れられるためには、日本人の先祖崇拝を受け入れて土着化が必要とあったが、それこそキリスト教とは異なるものと著者が提示したカクレキリシタンの姿なのではないのかと思う。

  • いわゆる隠れキリシタンと呼ばれた人たちについて、考察を深める一冊。著者が述べるように、「禁教期においてもひたすら純粋なカトリック信仰を守り抜いた」、と世間で流布されがちな、多分に浪漫的なイメージに一石を投じる。というより、この著作を読めば、いかにそれが誤った見方なのか(この著者の説も一つの説であるという前提はあるとしても)、ひしひしと伝わってきます。じゃあどんな存在なのかって、それはもうこれを読むしかないでしょう。終章では、例えばちまたには膨大な数のキリスト教系の学校があるにも関わらず、なぜにキリスト教人口は増えないのか(実に日本の全人口の1%にも満たないという)?という疑問に直截に切り込む。読み応えのある一冊だ。

  • 読了。「カクレキリシタン 現代に生きる民俗信仰」の流れで、そもそもの信仰の内容が気になったため。
    大多数のキリシタンは当時のキリシタン大名の命令で選択の余地なく改宗しており、キリスト教の教義もそもそもよく理解していなかったのではないかという内容だった。しかもキリシタン大名のおおむねの目的はカトリック諸国との貿易だったりするし、ロマンのなさが逆にイイ…と感じた。
    それでは殉教者達は何に殉じたのかといえば、「先祖が大切にしていた何か」であり、そこに見えるのはどちらかというと祖先崇拝ですよねーという話。
    拝む対象に対する魂入れの儀式があったことからものの見事に偶像崇拝していたことも分かるし、教義の伝わっていなさが興味深い。
    以前ネットで見かけた「日本人の信仰のOSは神道」というのを何となく思い出した。(実際には神道ほどにも体系化されていない何かだろう。)

    前回読んだ本と同じ著者の本を選んでしまったので、別の著者の視点からもカクレキリシタンについて学びたい気もするのだけれど、まあ急がなくて良いのです。
    あと本書は参考文献や引用元の表記が充実していてお得感がありました。

    (読んだあとスーパーに行って七夕みたいに願いごとまみれにされているクリスマスツリーを見て、「信仰とは」という気分にはなった。)

  • 「隠れキリシタン」とは、幕府の厳しい弾圧に耐え、仏教を隠れ蓑として命がけで信仰を守り通した、敬虔なキリスト教徒のことである、というのが、一般的にイメージされるもの。
    しかし当時、外来語も日本語の文字の読み書きもできなかった民衆は、本当にキリスト教の教えを完全に理解していたのか?
    彼らが本当に信じていたもの、守り続けていたものは何だったのか…
    既存の説に異を唱える本作。

    禁教時代の思想がテーマなので、参考となる資料が少なく、わずかな文献から著者が推測で補っている部分が多いのだが、今までとは違った視点で考察されており、面白かった。

  • (併読)カクレキリシタンの実像
    p.215 カクレキリシタンは多神教であり、信仰してきたのはキリストやマリアではなく、先祖が大切に守り伝えてきたもの。

  • 江戸時代の禁教期、隠れキリシタンは命がけでカトリックの信仰を守った、著者はこんな美談に異を唱える。
    キリスト教への理解が不十分なまま、先祖崇拝や民族宗教と融和し、キリストは八百万の神の一つになって信仰が続いていた、というのが著者の主張だ。言われてみれば確かにそうであろう。
    しかし、情緒的かもしれないが、わずかな姿を留めながら大切に語り継ぎ、守り続けてきたことを美しいと思う。
    全般的に推測と決めつけが多く、先に「消された信仰 最後のかくれキリシタン」を読んだ影響もあってか、好意的になれなかった。

  • 2018/06/05

  • 元大学教授が書いたとは思えぬ稚拙な内容に、まず
    驚く
    内容として読みやすい文章ではあるが、中身が
    イマイチ理解できないのは、仮説を立てるのは
    よいが、立証が余りに稚拙といわざるを得ない。
    事実と著者の仮説が混在しているのが問題だろう。

    大筋としては理解出来る。
    民衆がキリシタンへ改宗したのは、キリシタン大名
    が民衆に改宗を強制。大名らは諸外国との交易・交流
    で力を得ていく。中には敬虔な信者も生まれたが
    それは稀なケースであるという点。
    当時、キリスト教を理解は全くできず、日本の数ある
    神・仏の一つとしてしか捉えていなかったという点
    そのため、殆ど大半の人々が仏教への改宗を求めら
    れて転んだ。信仰を続けたのは一部の稀なケースだ
    という点


    ここまでは分かる。
    結果的に潜伏キリシタン達は先祖伝来の神様を
    崇めていただけで、キリスト教でもなんでもない、
    250年もキリシタン信仰を守り続けたなど、ただの
    ロマチシズムが生んだ妄想、だと著者は述べたい
    のだと思う。

    分からなくもないが、では結局、彼らはここまでの
    迫害を受けて信じ続けたのか、そして崩れで拷問を
    受けながらも改宗をしなかったのか、という点は
    書かれていない。いや、書いてあった。
    拷問を受けながらも改宗しなかったのは、優しく
    親身にしてくれた牧師さんを裏切らないため、だと。

    ????
    親兄弟ならばともかく、どんなに親切・親身に
    なってくれても赤の他人である牧師のために
    人々は死んでいったのは、あまりに破綻している

    このように、この本はいくつかの事実や著者の大筋
    では合意できても、仮説立証があまりに強引で
    「本当に大学教授だったの?」と疑わざるをえない
    内容が点在している

    このような人の教育を受けた学生がいるならば
    それは全くの不幸だろう

    隠れキリシタンという悲しいテーマに紐づいた
    悲しい事実が、生まれていたのだ。
    読み終えて深いため息をついた。

  •  中学校の授業で習うだろうか、隠れキリシタンというこの名前。本書の題名にある潜伏キリシタンである。どこなく何か事情ありなことを思わせるこの名前には、江戸時代における激しい迫害を思わせ、また何かしら悲しみとロマンに満ちた哀愁を感じさせるものがある。そして、誰もがなんとなくわかった気になってその名前を留めおく。
     本書は、そうしたごくごくありふれた認識に対して、本当はどうなのかという問いを具体的な事実に基づいて掘り下げたものである。
     日本人の信仰心、伝統的な神々に対する認識、そうした全面的な理解とともにこのキリシタンを相対的に位置づけたところに、読者に対して新たな発見を促していく。興味深いと思った。
     折しも、長崎県下のキリスト教関連遺産が、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として、世界遺産に登録されたところであり、一読の価値はあろう。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年、長崎市生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学科卒業。同大大学院人文科学研究科宗教学宗教史学修士課程中途退学。2016年3月、長崎純心大学人文学部比較文化学科教授を退官。現代も生きるカクレキリシタンの末裔たちの信仰世界を明らかにすべくフィールドワークを行い、日本人のキリスト教受容の歴史を研究している。

「2018年 『カクレキリシタン 現代に生きる民俗信仰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮崎賢太郎の作品

潜伏キリシタンは何を信じていたのかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×