千夜千冊エディション デザイン知 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003548

作品紹介・あらすじ

意匠、建築、デザイン。人間の存在証明そのものともいえる知覚のしくみから有名デザイナーまでを俯瞰する。
1.「かたち」が「いのち」
ヴィレム・フルッサー『デザインの小さな哲学』
ランスロット・ロウ・ホワイト『形の冒険』
ジョージ・ドーチ『デザインの自然』
ルネ・ユイグ『かたちと力』
吉田光邦『文様の博物誌』
ルドルフ・ウィトカウアー『アレゴリーとシンボル』
エルヴィン・パノフスキー『イコノロジー研究』

2.知覚とデザイン
ヤーコプ・フォン・ユクスキュル『生物から見た世界』
パウル・クレー『造形思考』
メルロ=ポンティ『知覚の現象学』
クルト・コフカ『ゲシュタルト心理学』
ヴィクトール・V・ヴァイツゼッカー『ゲシュタルトクライス』
佐々木正人 『アフォーダンス』
ドナルド・A・ノーマン『エモーショナル・デザイン』

3. 技能から表象へ
立岩二郎『てりむくり』
ベルナール・パリシー『ルネサンス博物問答』
貴田庄『レンブラントと和紙』
水尾比呂志『デザイナー誕生』
榧野八束『近代日本のデザイン文化史』』
伊東忠太・藤森照信ほか『伊東忠太動物園』
村松貞次郎『大工道具の歴史』
平田雅哉『大工一代』
原 弘『デザインの世紀』
モホリ=ナギ『絵画・写真・映画』
柏木博『モダンデザイン批判』

4.デザイナーの意表
ブルーノ・ムナーリ『モノからモノが生まれる』
ジャン・バーニー『エットーレ・ソットサス』
杉浦康平『かたち誕生』
堀内誠一『父の時代・私の時代』
石岡瑛子『I DESIGN(私デザイン)』
内田繁『インテリアと日本人』
川崎和男『デザイナーは喧嘩師であれ』
山中俊治『デザインの骨格』
PDの思想委員会・三原昌平編『プロダクトデザインの思想』
鈴木一誌『ページと力』

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 佇んでクレー模様の頁かな

  • 「デザインあ」という番組が好きなので、この本のタイトルには笑ってしまいました。松岡校長はこの手の言葉遊びがお好きなので、多分わかっていて、やってらっしゃるのでしょう。
    「デザイン」という言葉は、もっと広い意味を持つのだそうです。広告を作ることのみならず、食べること、読むこと、経験すること。生活そのものが自分を作るデザインなのですね。

  • ブックガイド・思想ガイドとしての機能性はもちろん最高水準だが、それ以上に著者の言い回しや文体が芳醇で、何度も本を閉じてその魅力を反芻した。ブックガイドはカタログ本として扱われることが多いが、これはブックガイドの体をまとった1つの表現・アートフォームだと感じた。ヒップホップ以外で表現しうる現代の「本歌取り」の1つの結晶だと思う。

  • <目次>
    第1章  「かたち」が「いのち」
    第2章  知覚とデザイン
    第3章  技能から表象へ
    第4章  デザイナーの意表

    <内容>
    松岡正剛の「千夜千冊」の過去の書評からテーマに沿って抜粋したもの。各書評の終わりには、参考文献(むろん書評したもの)が載る。もともとブックナビの「千夜千冊」も難しいのだが、ご自身の専門に近い、この分野は筆が進んでかなり難解(自分がバカなことがよくわかる)。第4章の個々のデザイナーの所だけかろうじて理解できた気がする。

  • 『デザイン知』『日本のグラフィック100年』刊行記念 松岡正剛 × 山形季央 トークイベントについて
    インフォメーション / PIE International
    http://pie.co.jp/news/index.php#576795b10ed467a7a5

    KADOKAWAのPR
    本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。
    意匠、建築、デザイン。人間の存在証明そのものともいえる知覚のしくみから有名デザイナーまでを俯瞰する。
    1.「かたち」が「いのち」
    ヴィレム・フルッサー『デザインの小さな哲学』
    ランスロット・ロウ・ホワイト『形の冒険』
    ジョージ・ドーチ『デザインの自然』
    ルネ・ユイグ『かたちと力』
    吉田光邦『文様の博物誌』
    ルドルフ・ウィトカウアー『アレゴリーとシンボル』
    エルヴィン・パノフスキー『イコノロジー研究』

    2.知覚とデザイン
    ヤーコプ・フォン・ユクスキュル『生物から見た世界』
    パウル・クレー『造形思考』
    メルロ=ポンティ『知覚の現象学』
    クルト・コフカ『ゲシュタルト心理学』
    ヴィクトール・V・ヴァイツゼッカー『ゲシュタルトクライス』
    佐々木正人 『アフォーダンス』
    ドナルド・A・ノーマン『エモーショナル・デザイン』

    3. 技能から表象へ
    立岩二郎『てりむくり』
    ベルナール・パリシー『ルネサンス博物問答』
    貴田庄『レンブラントと和紙』
    水尾比呂志『デザイナー誕生』
    榧野八束『近代日本のデザイン文化史』』
    伊東忠太・藤森照信ほか『伊東忠太動物園』
    村松貞次郎『大工道具の歴史』
    平田雅哉『大工一代』
    原 弘『デザインの世紀』
    モホリ=ナギ『絵画・写真・映画』
    柏木博『モダンデザイン批判』

    4.デザイナーの意表
    ブルーノ・ムナーリ『モノからモノが生まれる』
    ジャン・バーニー『エットーレ・ソットサス』
    杉浦康平『かたち誕生』
    堀内誠一『父の時代・私の時代』
    石岡瑛子『I DESIGN(私デザイン)』
    内田繁『インテリアと日本人』
    川崎和男『デザイナーは喧嘩師であれ』
    山中俊治『デザインの骨格』
    PDの思想委員会・三原昌平編『プロダクトデザインの思想』
    鈴木一誌『ページと力』
    https://www.kadokawa.co.jp/product/321710000144/

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2021年 『千夜千冊エディション 資本主義問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

千夜千冊エディション デザイン知 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×