千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003555

作品紹介・あらすじ

第一章面影の原像へ
谷川健一『常世論』一三二二夜
萩原秀三郎『稲と鳥と太陽の道』一一四一夜
大林太良『正月の来た道』四五一夜
山折哲雄『神と翁の民俗学』一二七一夜
山本健吉『いのちとかたち』四八三夜
丸山真男『忠誠と反逆』五六四夜

第二章をかし・はかなし・無常・余情
清少納言『枕草子』四一九夜
和泉式部『和泉式部日記』二八五夜
西行『山家集』七五三夜
堀田善衛『定家明月記私抄』一七夜
鴨長明『方丈記』四二夜
吉田兼好『徒然草』三六七夜
唐木順三『中世の文學』八五夜
尼ケ崎彬『花鳥の使』一〇八九夜

第三章連鎖する面影
大隅和雄・西郷信綱ほか『日本架空伝承人名事典』四一五夜
三浦佑之『浦島太郎の文学史』六三五夜
石田英一郎『桃太郎の母』一二四四夜
近藤信義『枕詞論』一五九九夜
伊地知鉄男『連歌の世界』七三九夜
心敬『ささめごと・ひとりごと』一二一九夜
西郷信綱『梁塵秘抄』一一五四夜

第四章ニッポンを感じる
ドナルド・キーン『百代の過客』五〇一夜
渡辺京二『逝きし世の面影』一二〇三夜
ウィリアム・バトラー・イエーツ『鷹の井戸』五一八夜
アレックス・カー『美しき日本の残像』二二一夜
ロジャー・パルバース『もし、日本という国がなかったら』一五四五夜
イ・オリョン『「縮み」思考の日本人』一一八八夜

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何時みても稜威みてもなほ魂きはる

  • <目次>
    第1章  面影の原像へ
    第2章  をかし、はかなし、無常、余情
    第3章  連鎖する面影
    第4章  ニッポンを感じる

    <内容>
    日本の古典や民俗学の世界へ。松岡さんに書かれると、『枕草子』も『方丈記』も読みたくなる。また第4章の外から見た日本の伝統?も面白く、こうした第3者的視点って大事だな。って思う。

  • 今回は結構難しかった。というのも、古典とかあまり強くないので、そこらへんのニュアンスがどうもなじめないのだ。でも、興味はもてたので、また勉強しようと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2021年 『千夜千冊エディション 資本主義問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×