千夜千冊エディション ことば漬 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003579

作品紹介・あらすじ

第一章 省く・縮める
高柳蕗子 『はじめちょろちょろなかぱっぱ』七七九夜
金子兜太・あらきみほ 『小学生の俳句歳時記』三六二夜
蕗谷虹児 『花嫁人形』五六九夜
種田山頭火 『山頭火句集』三三〇夜
石川桂郎 『俳人風狂列伝』一二二夜
寺山修司 『寺山修司全歌集』四一三夜
俵万智 『サラダ記念日』三一二夜
平田俊子 『平田俊子詩集』一九三夜
外山滋比古 『省略の文学』三九九夜
第二章 類で分けて
大野晋・浜西正人 『角川類語新辞典』七七五夜
水庭進編 『現代俳句表記事典』一一八四夜
芳賀綵ほか 『あいまい語辞典』一〇三夜
W・J・ポール『あいづち・つなぎ語辞典』七九七夜
ベルクゼン 『プラスチック・ワード』一六八五夜…… 127
ジェローム・デュアメル 『世界毒舌大辞典』二四九夜
大槻ケンヂ 『ボクはこんなことを考えている』一七六夜
松本修『全国アホバカ分布考』七一八夜
尾佐竹猛 『下等百科辞典』三〇三夜
きたやまようこ 『犬のことば辞典』二四二夜
第三章 日本語の謎
小池清治 『日本語はいかにつくられたか』一六九七夜
馬渕和夫 『五十音図の謎』五一一夜
清水真澄 『読経の世界』六一二夜
イ・ヨンスク 『国語という思想』一〇八〇夜
福田恒存 『私の国語教室』五一四夜
水村美苗 『日本語が亡びるとき』一六九九夜
第四章 ことばと背景
ヨン=ロアル・ビョルクヴォル 『内なるミューズ』六二五夜
アンドレ・グロワ=グーラン 『身ぶりと言葉』三八一夜
大室幹雄 『正名と狂言』四二五夜
オリヴィエ・ルブール 『レトリック』一〇二〇夜
ロジャー・シャンク 『人はなぜ話すのか』五三五夜
ダニエル・シャクター 『なぜ「あれ」が思い出せなくなるのか』六〇六夜
など。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前、このシリーズの『理科の教室』を読んでから、しばらく遠ざかっていたのだけど、『ことば漬』かあぁー。

    と、購入(笑)

    いやあ、面白かった。
    つい先日、トランプ大統領が安倍首相の「なまった英語」を揶揄する、というニュースが出ていた。
    私自身がトランプ大統領の発言にも大意にも当たっていないので、真偽は置いといて、この本の読了後フフンと鼻で笑いたくなった。
    じゃあ、まず流暢な日本語を話してみようね。

    この本ではエスペラント語の成立について、特に『ザメンホフ』を取り上げて述べられている。
    誰もが話せて聞ける言語は、必要ではある。
    けれど、言語が文化であり歴史を担う以上、統制する必要はないし、それは支配と同じだ。
    結局、世界的であることを維持するには、いかにローカルやマイノリティを保持出来るかにかかっているように思う。
    素人考えですいません。
    どのように俯瞰するか、を考えていたい。

    さて、しょうもない話に逸れてしまった。
    ローカル、マイノリティというと『全国アホ・バカ分布考』『「おネエことば」論』も面白かった。
    言葉にするのが難しいのだけど、なぜ「おネエ」は一種のステイタスとなって、「おニイ」は同じ壇上には上がらないんだろう……。

    『正名と狂言』の孔子と荘子の比較からは、湯川秀樹が荘子を重んじた意味に朧げながら考えさせられたし。

    『内なるミューズ』のスワヒリ語「ンゴーマ」という、アフリカ人にとっての音楽的なるものを意味する言葉の説明からは、小川洋子を思い出す。

    福田恆存、水村美苗に至っては、長くなるので以下略(笑)この二冊が続いていたからこそ、購入に至ったわけです。
    ありがとうございます。

    とにかく、引用するスペースもないくらい、自分の中に示唆のあった一冊だった。
    からの、本居宣長ぁーっ!
    どうやら、やはり通らねばならぬ道のようだ。
    私の机の上には小林秀雄『本居宣長』が、悠然と?置かれている。
    よ、読めるかなあ……。

  • 紙々の文字繰りからに経を誦む

  • <目次>
    第1章  省く・縮める
    第2章  類で分けて
    第3章  日本語の謎
    第4章  ことばと背景

    <内容>
    ことばを真摯に考えている人たちの本。もちろん著者もそう。『レトリック』『ザメンホフ』『怪しい日本語研究室』『「おネエことば」論』などは読んでみたくなった。

  • 圧巻。いまさら言うまでもなく、現時点で最高の読書案内。また読みたい本が増えた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2021年 『千夜千冊エディション 資本主義問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

千夜千冊エディション ことば漬 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×