「城取り」の軍事学 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044003937

作品紹介・あらすじ

第一章 城を取る――攻めるか守るか
第二章 なぜ山城か――それぞれの事情
第三章 城主たちの亡霊――城の歴史がすり替わる
第四章 幻の館――リアリティーのない平板な図式
第五章 縄張りの迷宮――オンリーワンの個性たち
第六章 城と戦争――城の形を決定づける人の営み
第七章 鉄炮と城の「進化」――大きい・小さい・強い・弱い
第八章 城は何を守るか――築城者たちの本音
第九章 山から降りなかった城――近世城郭の成立を再考する

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦国期の城のイメージが変わる1冊。
    城主がいない城の方が多いというのは、実戦向けにひたすら作られて廃却された城が当時のイメージに合致していた。

  • 「城郭は軍事施設である」この大前提を忘れた論説、考察はそもそも成立しない。このことを大事にしたい。これが読後の第一の感想。

    そして、伝承の罠、城には城主がいなくてはならないという先入観、遺物の罠(遺物の製作年代≠使用年代)…
    こういったものを乗り越えて研究は進む。
    そして、杉山城、やはり訪れなければ!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。学習院大学卒。考古学を学び数多くの発掘調査に携わる。城郭研究者として数百の戦国の城郭を踏査。現在もっとも気鋭の城郭・戦国史研究者。著作に『戦国の軍隊』『「城取り」の軍事学』など。

「2021年 『東国武将たちの戦国史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西股総生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×