鬼と日本人 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044004026

作品紹介・あらすじ

雷神、酒呑童子、茨木童子、節分の鬼、ナマハゲ……古くは『日本書紀』や『風土記』にも登場する鬼。見た目の姿は人間だが、牛のような角を持ち、虎の皮の褌をしめた筋骨逞しい姿が目に浮かぶ。しかし、日本の民間伝承や芸能・絵画などの角度から鬼たちを眺めてみると、多彩で魅力的な姿が見えてくる。いかにして鬼は私たちの精神世界に住み続けてきたのか。鬼とはいったい何者なのか。日本の「闇」の歴史の主人公の正体に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鬼ものが好きなので久しぶりに民俗学。1冊にまとめてはあるけれど掲載はバラバラのエッセイのようで、序盤はちょっと内容薄くて不満だったのだけど、後半どんどん面白くなって一安心。たとえば、退治されたあと鬼の首がどうなったか、妖怪変化の出現の音は?など、テーマが多角的で、意外な角度からの分析が新鮮でした。

    「虎の巻」って言葉、なにげなく使ってたけれどそういえば元ネタ知らなかったなあ、とか。そういえばちょっと前に読んだ町田康のギケイキに「六韜」出てきたっけ(つまり六分冊でそれぞれ○○の巻となってるわけですね)

    個人的に異類婚姻譚がとても好きなので、最後のふたつの「片側人間」の話はとくに興味深かったです。片側人間というのはつまり異類婚姻の結果生まれたハーフの子供のこと。ここではおもに、鬼と人間の女性の間に生まれた子供が見た目まんま縦割りで(※昭和の人間なので即座にアシュラ男爵を思い浮かべてしまった)半分人間、半分鬼のビジュアルで、あちらとこちらの世界の板挟みになるパターンの事例紹介。

    異類婚姻譚をさらに分類して、嫁入りバージョンと聟入りバージョンの傾向の差、結婚後子供が生まれる場合と生まれない場合、そのまま結婚しつづける場合と逃げ戻る場合(さらに相手を殺すか、殺さないか)等、どんどん枝分かれしつつ分析してあって、なるほどーと。ざっくり、嫁入りは報恩型が多いし生まれた子供は異能を武器に出世するパターンもあるのに(オカンが狐の安倍晴明とか)聟入りは押しかけ通い婚パターンだと子供は殺されることが多い気がする。

    あとたまたま紹介されていた事例に蛇聟が多かったせいかもしれないけれど、これフロイト先生だったら絶対蛇は男性の○○○の象徴だと分析しそうとか勝手な想像をして苦笑い。まあ日本は水の多い土地で蛇は竜とも結びつき田植えやらなんやらで雨乞いしたり水の神様系の繋がりで、実際は女性がそのための生贄にされたのではないかとこれも勝手に思うけれど。

    ※目次
    鬼とはなにか/鬼の時代――衰退から復権へ/「百鬼夜行」の図像化をめぐって/「虎の巻」のアルケオロジー――鬼の兵法書を求めて/打出の小槌と異界――お金と欲のフォークロア/茨木童子と渡辺綱/酒呑童子の首――日本中世王権説話にみる「外部」の象徴化/鬼を打つ――節分の鬼をめぐって/雨風吹きしほり、雷鳴はためき――妖怪出現の音/鬼の太鼓――雷神・龍神・翁のイメージから探る/蓑着て笠着て来る者は――もう一つの「まれびと」論に向けて/鬼と人間の間に生まれた子どもたち――「片側人間」としての「鬼の子」/神から授かった子どもたち――「片側人間」としての「宝子・福子」

  • 鬼とはなにか
    鬼の時代―衰退から復権へ
    「百鬼夜行」の図像化をめぐって
    「虎の巻」のアルケオロジーー鬼の兵法書を求めて
    打出の小槌と異界―お金と欲のフォークロア
    茨木童子と渡辺綱
    酒呑童子の首―日本中世王権説話にみる「外部」の象徴化
    鬼を打つ―節分の鬼をめぐって
    雨風ふきしほり、雷鳴りはためき・・・妖怪出現の音
    鬼の太鼓―雷神・龍神・翁のイメージから探る
    蓑着て笠着て来る者は・・・もうひとつの「まれびと」論に向けて
    鬼と人間の間に生まれた子どもたち―「片側人間」としての「鬼の子」
    神から授かった子どもたち―「片側人間」としての「宝子・福子」
    あとがき

  • 終盤の「片側人間」のあたりが好きです

  • 結局のところ、鬼は、人間なんだと思いました。今はやりのスペクトラムなんじゃないかと。図版が白黒で文庫本なので小さくてみづらいのが残念だった。

  • ・鬼は私の関心事である。だから、小松和彦「鬼と日本人」(角川文庫)を読んだ。例の如く鬼の定義を示す。「怪力・無慈悲・残虐という属性はほとんど変化していない。鬼は、なによりもまず怖ろしいものの象徴なのである。」(6頁)かう書いたうへで、怖くない鬼がゐることを述べて、「だが、そうした鬼は、怖ろしい鬼がいるからこそ生み出された変則的な鬼であり、そこに鬼の本質を見いだすことはできない。」(同前)と言ふ。あくまでも鬼は怖いものだといふのである。本書の諸論文はこの線でまとまつてゐる。鬼は怖いものだと言ひ続ける。「留意したいのは、異形の者、無慈悲な者、人間より大きく強靱な者等々の属性が鬼に与へられるということから、それを敷衍して、さまざまなもの属性に対しても鬼という語が冠せられることがあるだろう。」(12頁)オニヤンマとか鬼監督の類である。どこまでも、鬼は怖いものなのである。だから、目次を見ると、百鬼夜行絵巻や茨木童子、酒呑童子を初めとして、怖い鬼のさまざまな生態が並ぶ。だから、「あとがき」で、「『鬼』は大昔から日本人が特定の現象や存在に対して用いた民俗語彙・民族概念なのである。」(265頁)とあるのは納得できる。ちなみに、「『妖怪』は研究者が用い出した学術用語・分析操作概念であ」(同前)るとか。つまり妖怪といふ語は新しく作られた語であるらしい。とまれ、鬼は昔から鬼であつて怖いものだつたのである。
    ・以上、本書を読んで納得できる人もゐるに違ひない。さういふ人の周囲には、おとぎばなしや昔ばなしの鬼がゐるだけで、それ以外の鬼がゐないのであらうと思ふ。しかし、世の中、広いのだと言つたところで、私が言ふのではなかなか納得してはいただけないであらう。しかし、それ以外の鬼がゐるのである。例へば東三河地方平野部の春祭り、ここに鬼が出る。何か所で出てゐるのか。数へたことがないので分からない。20か所ぐらゐであらうか。もつとゐるかもしれな い。これらの鬼はいづれも怖い鬼と言へるかどうか。それこそまだ何も分からない乳児はその鬼を見て泣く。怖がる。正に怖い鬼である。ところがこの鬼、ひとしきり泣かせておいてから乳児に飴やタンキリを与へる。かういふことが何年か続くと、鬼は怖くないと分かつていくのである。さう、東三河のおまつりの鬼は怖くない。例の如き鬼の風貌で、例の如く怖さうにはするが、その実、決して怖くはない。少なくとも、物心着いた人間にはあの鬼は怖くないのであると思ふ。 これは筆者の鬼に合はない。鬼には「異形の者、無慈悲な者、人間より大きく強靱な者等々の属性」があるといふ。少なくとも、その「無慈悲な者」といふ属性には合はない。形は異形であつても、東三河の鬼は無慈悲ではない。東三河の鬼が安久美神戸神明社の鬼祭の鬼から来てゐるのであれば、あるいは、からかひの最後に天狗に負けて逃げ出す時にタンキリを撒く、ここが出発点かもしれない。それが石巻神社等から広がつていつたのかもしれない。タンキリを撒き、飴を撒 く、さういふのが鬼なのである。これは、敷衍すれば幸せをもたらす鬼といふことになる。筆者はかういふ鬼について書いてない。知らないとは思へない。まだそこまで考へが至らないのであると思ふ。鬼は幸せをもたらす存在であるといふ考へは昔からあるはずである。それについて是非書いてほしかつたと思ふ。鬼が怖いものであるのは良い。それがなぜ幸せをもたらすのか。打出の小槌で大きくなれた一寸法師、その小槌は鬼の残したものである。かういふところに幸せをも たらす鬼がゐるのかどうか。あくまで本筋から外れた鬼だといふのであらうか。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。国際日本文化研究センター名誉教授。専門は文化人類学、民俗学。著書に『神隠しと日本人』『妖怪文化入門』『呪いと日本人』『異界と日本人』『鬼と日本人』『聖地と日本人』(角川ソフィア文庫)、『妖怪学新考――妖怪からみる日本人の心』(講談社学術文庫)、編著に『妖怪学の基礎知識』(角川選書)など。2013年紫綬褒章受章、2016年文化功労者。

「2021年 『禍いの大衆文化 天災・疫病・怪異』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小松和彦の作品

鬼と日本人 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×