サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044004095

作品紹介・あらすじ

経典独特の重複や繰り返しを大胆に割愛し、全27章のストーリー展開をスムーズに現代語訳で縮訳。時代背景も考慮しながら、経典の意味を改めて掘り起こし、詳細な解説と注を章ごとに収録した。
法華経研究の第一人者によるサンスクリット原典からの精緻な訳、最新研究をふまえた徹底解説により、法華経の「本当のすがた」を浮き彫りにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 解説が秀逸。過去に「中身がない」と指摘されたこともなるほどと思う部分があり、納得。歴史的に付け加わった部分が本来の趣旨と違うこともあり、だから評価が混乱しているというのも納得。日本の文化に影響が大きいお経なので、こうして読めてよかった。

  •  著者はサンスクリッド語などを勉強して仏典を正確に訳すことでより正確な内容を把握しようと熱心に研究されている。仏典と真摯に向き合う姿勢に感心する。
     なかでも、文中に「法華経」とすればいいのに、「白蓮のように最も優れた正しい教え」と自身の訳を繰り返し使っていて大変気に入っていることがうかがえる。
     法華経の成り立ちから経典の内容まで、丁寧に解説してくれている。著者が法華経を敬う姿勢の顕れだ。
     「思想としての法華経」「ほんとうの法華経」も合わせて読むといいだろう。

  • ◯訳のおかげで、読みやすくなっているとはいえ、解説が無いと理解が難しい内容。しかし、お経について知る機会はあまりないため、大変興味深かった。
    ◯維摩経は物語としての展開がある分、頭に残りやすいが、法華経は難解な思想書の様相であり、お経特有の繰り返しや、過剰な賞賛によって本質も取りにくい。

    ◯法華経自体に後年付け足しが行われた形跡があるという点については、自らの信仰を正当化する意図なのか、不純な印象を受ける。
    ◯しかし、それら全てを包含し、あまねく法華経を授持する全てのものが救われるとする思想こそは、まさに仏教における宗教改革であり、実に興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年長崎県島原市生まれ。九州大学卒。人文科学博士(お茶の水女子大学)。1991年から中村元氏のもとでインド思想・仏教思想、サンスクリット語を学ぶ。仏教思想研究家。東京工業大学世界文明センター非常勤講師、NHK文化センター講師を歴任。『梵漢和対照・現代語訳 法華経』(岩波書店、毎日出版文化賞)、『梵漢和対照・現代語訳 維摩経』(同、パピルス賞)、『仏教学者 中村 元』『テーリー・ガーター』(ともに角川選書)『サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳』(角川ソフィア文庫)など著書多数。

「2021年 『日蓮の手紙 ビギナーズ 日本の思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植木雅俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
ヴィクトール・E...
スタニスワフ・レ...
出口 治明
有効な右矢印 無効な右矢印

サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×