浮世絵と写真で歩く 江戸東京散歩

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044004415

作品紹介・あらすじ

日本橋、銀座、浅草、ほか江戸時代から現代に至るまでの風景を対比しながら紹介。歴史を振り返りつつ現代を見つめる町歩き。プロの写真家ならではのクオリティの高い写真は眺めるだけでも楽しい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昭和の写真には上京した頃の風景を思い出し、広重の浮世絵には田舎を感じるも、1都市のあまりの変貌ぶりに驚嘆。残っていれば、ベニスの上を行く水の都。その川、水路は?復興の名の下での開発、しっぺ返しがこない事、祈るばかり。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1960年、札幌生まれ。主に人物ポートレート、旅の撮影を雑誌・企業PR誌などを中心に活動。ライフワークとして東京を独自の視点で撮り続けている。86年、写真家・高橋昇氏の助手を経て独立

「2020年 『ベートーベンの真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷹野晃の作品

ツイートする
×