フェルメール 作品と生涯 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 46
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044004422

作品紹介・あらすじ

17世紀オランダで活躍したフェルメール。宗教画や神話画から転向し、勃興したばかりの市民階級が求める風俗画の制作へと乗り出した画家は、《牛乳を注ぐ女》《真珠の耳飾りの少女》といった名作を手がけていく。現実のようでいて現実でない魔術的な光と空間の描写は、いかにして生まれたのか。全作品をカラーで収録し、その真筆性をめぐる議論とともに、様式論を一冊に凝縮。政治や絵画市場などの背景に迫る補論を付した増補版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■きっかけ
    注目の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を観るならこの2冊! 美術鑑賞がもっと楽しくなる文庫をご紹介
    https://kadobun.jp/feature/readings/1cy2fny3qcw0.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。目白大学社会学部メディア表現学科教授。専門は17世紀オランダ美術史。ユトレヒト大学美術史研究所留学、慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。『フェルメール論』(八坂書房)および『フェルメールの世界』(NHKブックス)の2著で第10回吉田秀和賞。『庭園のコスモロジー』(青土社)など著作多数。

「2018年 『フェルメール 作品と生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林頼子の作品

ツイートする
×