千夜千冊エディション 神と理性 西の世界観I (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044004514

作品紹介・あらすじ

神々のロゴス、哲学の劇場。なぜヨーロッパ思想が世界を制したのか、プラトンからフランス革命までをたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 神託を縊り束ねてラティオ摘む

  • <目次>
    第1章  神と王の国
    第2章  理性による世界作成
    第3章  西洋哲学史略義
    第4章  啓蒙と変革の庭

    <内容>
    松岡正剛の「千夜千冊エディション」。西洋のものの考え方から行動まで、キリスト教がベースであること、それから評伝を読んでいるわけではないが、モンテーニュ、ルソー、スピノザからシーザーまで、その生きざまから考え方まで、わかった(気がする)。

  • 圧巻。紹介された本はほとんど未読だけども、西洋が全体として見えてくる。この本には続編があるようで今から楽しみだ。

  • プラトンから啓蒙主義までの西洋思想史を一望する。
    千夜千冊を初歩的な編集工学でまとめた一冊。

    セイゴオさんにとっては極めて初歩的な編集なんだろうけれど、有難い本。この内容を大学の先生が書いても全然頭に入ってこないと思う。セイゴオさんが知と取っ組み合ってきたレスリングの一つ一つに引き込まれた。
    でも、僕には歯が立たない処も多々。
    あと半年で還暦を迎えるんだけど、今更莫迦が治る訳ないよな~。

    以下、雑感
    スピノザ「エチカ」
    「すべてのものは神が創った。」なら、超越者に対し論証必要なし。
    「世界と神は一にして全。」ひょっとすると証明可能。
    神の自己作出を説明し、人間の認識に重ね合わせていく証明作業。神を信じていることを明らかにするため、理性のナイフで切り分けていく。う~ん。証明をしようとする段階で神の存在がアヤシク思えるんだが。
    「知性によっていかに神に酔えるのか」という方法の提示。説得されそうで怖い。

    ライプニッツ「ライプニッツ著作集」
    本書で一番惹かれたけど、全然理解できなかったのはライプニッツ。量を扱う「数学的思考」と質や関係を扱う「記号的思考」をバロックの「知」で半ば埋めきったという。セイゴウさんが、工作舎時代にライプニッツ著作集出版に関係した顛末も書かれている。他の稿でもライプニッツに触れている箇所があるけど、兎も角トンデモナイ天才とのこと。
    チョッと触れてみたい気もするけど、全然判らないと思う。

    第4章 啓蒙と変悪の庭
    モンテニュー、ヴォルテール、ルソー。へ~、そんな人達だったんだと俄然興味が湧いた。

    モンテニュー、早々に隠遁生活し、長々とゆっくり方丈記を書く。セイゴオさんは「自分を質にいれないこと」を示唆されたとある。

    ヴォルテール、実はペンネーム。風変わりな人だったらしい。署名に哲学とあるが、まったく哲学ではない。読者に実感させるインチキともインチキじゃないような文章。

    ルソー。社会契約論は学校でも聞かされたが、「孤独な散歩者の夢想」では友人達との仲違いを続け、痛ましい自己を追求していく。

    どれか挑戦してみようかな。

    さて、この後は『観念と革命』に続くとある。期待しましょう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2021年 『千夜千冊エディション 資本主義問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

千夜千冊エディション 神と理性 西の世界観I (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×