中国古代史 司馬遷「史記」の世界 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044005290

作品紹介・あらすじ

神話の時代から前漢までの歴史を綴る『史記』は、単なる事実の列記に留まらない。孔子、始皇帝、項羽、劉邦――司馬遷が示す人物像は、ときに我々の抱くイメージをくつがえす。そして苦悩や葛藤を抱え、悩みながら行動するその姿は、長所短所や善悪功罪の両面を併せ持っている。しかしだからこそ、いつの時代も読む者に深い感慨を与えてやまない。『史記』の人物描写にもとづいて、中国古代の世界を、100の物語で解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:222.01A/W46c//K

  • 先に史記を読んでから読めばよかったかな。司馬遷の人物像に興味を持った。

  • 司馬遷の「史記」をこう読む、といった内容。筆致全体から窺える彼の史観、記述から透けて見える背景、あえて書いたこと又書かなかった(であろう)事とその意図など、司馬遷に肉薄した著者なりの見解を展開している。史記の限られた文言からは様々な解釈が可能だけに、本書の主張や指摘を必ずしも鵜呑みにする必要は無いが、飛躍した想像を抑えた常識的範囲の見解には、ある程度の説得力が担保されているように思えた。細かく分けた人物や出来事の各トピックも、冗長の弊に陥らず読み進めやすい。史書の眼光紙背として読み応えがあり、中国古代史というありきたりなタイトルより、副題の方をメインに用いるべきだった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年東京生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士後期課程単位修得。二松学舎大学講師、朝日カルチャーセンター、早稲田大学エクステンションセンター講師などをつとめた。著書に『素書』(明徳出版社)、『三国志人物事典』(講談社)、『1分間でわかる「菜根譚」』(三笠書房)、『三国志40人の名脇役』(二玄社)、『中国古代史 司馬遷「史記」の世界』(KADOKAWA)、監修に『知れば知るほど面白い「その後」の三国志』(実業之日本社)などがある。

「2020年 『諸子百家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺精一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川越宗一
三島由紀夫
カルロ・ロヴェッ...
出口 治明
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×