贋札の世界史 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044005306

作品紹介・あらすじ

10世紀に中国で紙幣が誕生するとすぐ贋札が出現した。手書きの偽造犯、国でさえ判別できない精巧な偽造から、ナチスによる英ポンド偽造作戦、近年の事件まで。元大蔵省印刷局の著者がその歴史を紐解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:337.3A/U42n//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

紙幣研究家、カレンシー・リサーチ社長、一般財団法人印刷朝陽会事務局長。1935年生まれ、58年から大蔵省印刷局に勤務。退職後は紙幣の歴史や技術の研究、著述や講演活動を展開している。主な著作に『お札の文化史』(NTT出版)、『紙幣肖像の近現代史』(吉川弘文館)など。

「2020年 『贋札の世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植村峻の作品

ツイートする
×