数式を使わない物理学入門 アインシュタイン以後の自然探検 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044005719

作品紹介・あらすじ

監修 大須賀健(筑波大学計算科学研究センター教授 宇宙物理理論研究室)
寄稿 永田和宏(細胞生物学者/歌人)

(目次9
第1章 現代科学の最先端を行く物理学
1 人間のいかなる空想も越える奇妙な世界
2 宇宙には、果てがあるか
3 宇宙は、膨張している

第2章 極微の世界は、常識を破壊する
1 物質の最小単位は、なにか
2 極微の世界の不思議
3 どれだけ小さいものまで見えるか

第3章 現代物理学は、自然の本質を解明した
1 断念は、あきらめではない――「断念の哲理」
2 新しい位置と速度の考え方――「不確定性理論」
3 自然の安定を保つもの――「プランク恒数」

第4章 宇宙の謎を解く素粒子の活躍
1 星は永遠に光り輝くのか
2 宇宙の放浪者たち

第5章 時間が遅れ、空間が縮む世界
1 光は真空を伝わる
2 絶対性の否定――「特殊相対性理論」
3 地球の引力による時間の遅れ
4 宇宙の神秘

第6章 物質世界の果てを求めて
1 電子顕微鏡でも見えないものを、知る方法
2 極微の世界に巨大な力がある
3 素粒子は、はたして窮極物質か

第7章 真空の世界では「無から有」が生じる
1 真空は、無ではない
2 自然は、限りなく深い

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幻の名著が復刊!極限世界の不思議な現象を数式を使わずにやさしく紹介(出版社HPより)

    ◆◇工学分館の所蔵はこちら→
    https://opac.library.tohoku.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=TT22153513

  • 本書は1963年にカッパブックスから発刊され、難解な物理を扱いながらもその年のベストセラーになった作品です。今読み返しても、充分に難解ですが、まったく古さを感じさせないのがすごい。ニュートリノ素粒子、ド・ブローイの物質波、不確定性理論、プランク恒数、フェルミ加速、ミュー&パイ中間子、一般&特殊相対性理論、オズマ計画、反宇宙などにも言及し、タイトル通りむつかしい数式は使わず解説しています。本書は著者52歳の時のものですが、その4年後に惜しくも鬼籍に入られました、合掌。

    猪木正文:1911年-1967年5月25日。三重県生まれ。東京工業大学電気化学科卒、理化学研究所に入り、仁科芳雄に師事する。名古屋大学にて理学博士。同年山梨大学教授に。著書に『物理学的人生論 生・死・運命のなぞを解明する』『宇宙時代の常識 教養としての相対性理論』『素粒子の世界』講談社現代新書、『偶然の神秘 このあまりにも身近な謎』番町書房。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1911年-1967年5月25日。三重県生まれ。東京工業大学電気化学科卒、理化学研究所に入り、仁科芳雄に師事する。名古屋大学にて理学博士。同年山梨大学教授に。著書に『物理学的人生論 生・死・運命のなぞを解明する』『宇宙時代の常識 教養としての相対性理論』『素粒子の世界』講談社現代新書、『偶然の神秘 このあまりにも身近な謎』番町書房。

「2020年 『数式を使わない物理学入門 アインシュタイン以後の自然探検』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猪木正文の作品

ツイートする
×