角川俳句ライブラリー 十七音の可能性

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044005740

作品紹介・あらすじ

十七音に季語ひとつ。いわば最短の詩歌である俳句は、なぜこれほど日本人に詠まれ、親しまれてきたのか。古典から近現代の俳人たちの名句を取り上げながら、俳句表現の可能性と多彩な魅力に迫る。新しい俳句入門!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間探求派以降の読みを拒絶する俳句について、それでもどう読むか、どういう風に括るかというところが面白かった。それ以外は定評のとおりである。だが、著者独自の視点も垣間見ることができる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

俳人
1961年、岡山県生まれ。波多野爽波などに師事。「天為」「秀」同人。著書に『生き方としての俳句』(三省堂)、『「型」で学ぶはじめての俳句ドリル』(祥伝社)、『十七音の可能性』(角川俳句ライブラリー)など。2018年「NHK俳句」番組選者。岩手日報・山陽新聞選者。角川俳句賞などの選考委員。句集『舜』で俳人協会新人賞。『高浜虚子 俳句の力』で俳人協会評論賞。

「2021年 『NHK俳句 あるある! お悩み相談室 「名句の学び方」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸本尚毅の作品

角川俳句ライブラリー 十七音の可能性を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×