天皇の日本史 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044005757

作品紹介・あらすじ

天皇はなぜ日本で一番偉いのか。皇帝でも国王でも君主でもない、日本独自の「天皇」はどのように生まれ、歴史にどんな影響を与えてきたのか。神武・継体・持統・後白河・正親町・昭和ほか、キーとなる54人を選び、現代まで続く日本史の大きな因果関係のなかで、その事績を読み解く。通説やタブーを乗りこえ、従来の歴史教育が無視してきた事実と常識を学び直す、「この国のかたち」を知るための歴史入門講義。便利な「歴代天皇一覧」付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 聖徳太子の本を読みかけて、天皇について全然知らないと思い読み始めると内容が濃いので聖徳太子以外の天皇についても知りたくなり途中でやめる事ができなかった。
    日本だけの天皇制度、それがいまでも受け継がれ、そして今、愛子親王がどういう立場になるのか令和になって、女系の天皇を拒むかのように災害やウィルスが多発…と考えてしまう。

  • 内容の正誤はともかく、
    歴史とは流れであり、その積み重ねの
    理由を読み解く事が重要という考えには大賛成です。

    過去のことであり、明確な立証が出来ない以上間を埋めるのは流れに基づいた推理です。
    その観点で見るととても面白い話でした。

    積み重ねが歴史
    すなわち僕の人生もきっと100年後の、歴史なんだろうなぁ。

  •  日本史を学ぶのに歴代天皇の流れから整理されたこの本は役に立つ。結構面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』『日本史真髄』(以上、小学館)、『学校では教えてくれない日本史の授業』(PHP研究所)、『動乱の日本史』(KADOKAWA)など著書多数。

「2021年 『汚れた「平和の祭典」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×