方言漢字 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044006051

作品紹介・あらすじ

漢字は日本全国共通と思ったら大間違い! 話し言葉に「方言」があるように、漢字にも「地域漢字」や「地域音訓」が存在する。各地の陸や海でとれる多様な産物、祭祀や地元の言葉でさえも訓読みに変えてきた日本人。個性豊かな漢字には、先人からのメッセージが込められている。中国生まれの漢字は、起伏に富んだ日本列島の地形や風土をどのように表現してきたのか、豊富な事例から解説。著者が撮影した看板などの写真も多数掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本で一か所しかない地名が東京にある 『方言漢字』 | BOOKウォッチ
    https://books.j-cast.com/2020/11/04013316.html

    漢字は日本全国共通と思ったら大間違い! 笹原宏之『方言漢字』(角川ソフィア文庫)試し読み | カドブン
    https://kadobun.jp/trial/5fcomeqepjk8.html

    方言漢字 笹原 宏之:文庫 | KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000137/

  • 「お鮓」が読めれば関西人
    「九卅」が読めれば九州人
    という帯の文句に興味を覚え。

    特定の地方しか使わない漢字や
    読み方があるなんて、おもしろい!
    各地方から著者が足で集めた例や写真も
    たくさん掲載されています。

    昔はね〜、看板とかも手書きだから
    方言漢字も困らなかったみたい。
    デジタル化で変換できないと
    別の似たような漢字に
    取って代わられるそうで…。
    それはちょっと味気ないよね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

笹原宏之(ささはら・ひろゆき)
国立国語研究所主任研究官などを経て、現在は早稲田大学社会科学総合学術院教授。専門は日本語学、漢字学、国字研究。金田一京助博士記念賞、白川静記念東洋文字文化賞を受賞。経産省のJIS漢字、法務省の人名用漢字、文化庁の常用漢字の選定・改定などにも携わった。

「2021年 『小学生おもしろ学習シリーズ 完全版 ことわざ・四字熟語・慣用句大辞典1120』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笹原宏之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×