倭人・倭国伝全釈 東アジアのなかの古代日本 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044006082

作品紹介・あらすじ

中国の歴史書に記された「日本民族」のルーツに迫る。『漢書』から『旧唐書』まで、倭人・倭国について記した中国の正史の原文と読み下し文を掲げ、詳細な語注と解説をほどこす。
倭族は長江流域を出て広がった民族であり、稲作と履き物を脱いで家に上がる文化を持っていたなど、著者のフィールドワークによる知見が活かされた「倭族論」の集大成。

著者プロフィール

1914~2007年。岡山県生まれ。1938年、関西学院大学法文学部文学科卒業。大阪教育大学教授を経て、同大学名誉教授。日本生活文化史学会会長。文学博士。専攻は文化人類学・古代史。著書に、『おもろさうし全釈』(清文堂出版)、『大いなる邪馬台国』(講談社)、『原弥生人の渡来』(角川書店)、『倭族から日本人へ』(弘文堂)、『古代朝鮮と倭族』『古代中国と倭族』『女王卑弥呼の国』(以上、中央公論新社)他多数。

「2020年 『倭人・倭国伝全釈 東アジアのなかの古代日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥越憲三郎の作品

ツイートする
×