日本という方法 おもかげの国・うつろいの国 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044006136

作品紹介・あらすじ

この国のよさは、「強さ」や「一貫性」ではなく 「一途で多様」なことにある。万葉集から司馬遼太郎まで、メディアや表現を横断する〈日本的編集〉の方法を辿り、日本社会と文化の様相を浮かび上がらせる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりの松岡正剛の著作。おそらく前に読んだ「神仏たち
    の秘密」と繋がっている内容だとは思うのだが、さすがに
    忘れてしまっているな(苦笑)。

    実はこのあたりが私の守備範囲として最も弱いところであり
    読んで感心することくらいしか出来ないというのが正直な
    ところ。日本人の核のようなものがあるとしたら、有るよう
    で無い、無いようで有る、それこそウツのようなものでは
    ないかとほんのりと思ってみる、それくらいである。

  • 松岡セイゴオさんの日本論。方法としての日本、てるむくり、など著者の本で読んだ用語がチラチラ見えたので、まあ想定内の本と思って手にしたんだけど、随分大きく予想を超えていた。

    「おもかげの国」「うつろいの国」とか、ウツとウツウという言葉は、セイゴオさん独特の言語感覚なんだと思う。

    「茶」については、村田珠光や武野紹鷗にいて詳しく解説。

    江戸の武家体制を作る基礎になったのが儒学だが、他に手が無かったという話。朱子学と陽明学は生まれた時期が300年隔たれているが、同時期に日本に流入してきている。本書は陽明学の話が大きい。正直、大塩平八郎が頭に浮かぶ程度だったが、後世にも大きな影響を与えている。中国では廃れているが、日本では昭和維新までその残滓が残っていた。セイゴオさんは、『陽明学は「日本という方法」を埋められなかったと考える方が当たっているのではないでしょうか。』と著す。
    古楽や国学が隙間を埋めたとあり、その古学、国学の説明に移る。
    日本儒学、国学について、中国離れがその意味にあるという。セイゴオさんの々博覧強記振りに只々驚く。伊藤仁斎、荻生徂徠、契沖、荷田春満、賀茂真淵、そして本居宣長の古事記との格闘。「もののあわれ」「やまとだましひ」は起源が特定できるものではなく、本来から将来に向かう徒次にしかあらわれないとのこと。

    明治以降についても、西田幾多郎、北一輝、九鬼周造について知らなかったので、圧倒されながら読む。西田といえば「善の研究」と思っていたが、この本ではあくまで経過途中とのこと。「述語(主観)が主語(客観)を包摂する」の首長が、晩年には客観が主観を包むと逆の主張をする。ふいに到来した「絶対矛盾的自己同一」(切らずに一息で読む)。矛盾するものを併せ持ち両立させる日本という方法の一端とセイゴウさんは考えているらしい。

    論理的に実証する内容ではないし、日本という方法を理解したのか、納得したのか云われれば、言葉に詰まるしかないんだが、もうちょっと考えてみようと思う。

  • 重い。日本、とはここまで重かったのかと初めて知る思いで茫然自失。1回読んだくらいではたぶん理解できていない。でもすごいことだけはわかる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2021年 『千夜千冊エディション 資本主義問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×