もっとヘンな論文 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044006266

作品紹介・あらすじ

珍論文ハンターのサンキュータツオが、人生の貴重な時間の多くを一見無駄な研究に費やしている研究者たちの大まじめな珍論文を、芸人の嗅覚で突っ込みながら解説する、知的エンターテインメント本。

【目次】
はじめに
一本目  プロ野球選手と結婚する方法
二本目  「追いかけてくるもの」研究
三本目  徹底調査! 縄文時代の栗サイズ
四本目  かぐや姫のおじいさんは何歳か
五本目  大人が本気でカブトムシ観察
六本目  競艇場のユルさについて
七本目  前世の記憶をもつ子ども
番外編  偉大な街の研究者
八本目  鍼灸はマンガにどれだけ出てくるか
九本目  花札の図像学的考察
十本目 その1 「坊っちゃん」と瀬戸内航路
十本目 その2 「坊っちゃん」と瀬戸内航路 後日譚
番外編  「坊っちゃん」と瀬戸内航路 全文
あとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトル通り著者が選ぶ“ヘンな論文”の紹介。好きなものをどう学問にしていくかのヒントがつまっています。
    以下、一部抜粋

    *プロ野球選手と結婚する方法
    恋愛ではなく結婚。なかなか興味深い分析。情報収集能力がすごい…

    *「追いかけてくるもの」研究
    高速などであり得ない速さで追いかけてくる老婆。そんな話聞いたことありませんか?

    *鍼灸はマンガにどれだけ出てくるか
    7人がかりで実に10421冊のマンガを読んで検証。

    *方手袋研究
    片方だけ落ちている手袋の研究…そんな研究があること自体驚きでした!
    「雪どけこんにちは系」「雨に唄えば系」「ガードレール系」「三角コーン系」など分類のネーミングも面白い。

    論文の内容もインパクトがあり面白く興味深いが、著者の絶妙な突っ込みと解説も面白い。
    所々自分の突っ込みと重なってて笑えた。
    世の中には色々なことに興味を持って研究してる人がいるんですねぇ。
    研究の世界は奥深く面白かった♪

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1976年東京生まれ。漫才師「米粒写経」として活躍する一方、一橋大学・早稲田大学・成城大学で非常勤講師もつとめる。早稲田大学第一文学部卒業後、早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士後期課程修了。文学修士。日本初の学者芸人。ラジオのレギュラー出演のほか、雑誌連載も多数。主な著書に『これやこの サンキュータツオ随筆集』『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』『ヘンな論文』『もっとヘンな論文』(以上、KADOKAWA)など。

「2021年 『まちカドかがく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サンキュータツオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
伊坂 幸太郎
アンデシュ・ハン...
ミヒャエル・エン...
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×