浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044006358

作品紹介・あらすじ

辛い幼少期を経て、やがて少女は舞台のスポットライトを浴びる。松竹新喜劇の旗揚げから、溝口健二や小津安二郎、黒澤明ら巨匠たちの名作映画への出演まで。昭和を彩った、大阪の名女優の波瀾万丈の軌跡。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 朝ドラおちょやんを見て、主人公と座長が結婚するシーンで妙に感動していたところに「この頃が幸せの絶頂期で云々」とTwitterで呟かれていたのを偶然見てしまい、「どういう事?!」と史実を知りたくなり購入。

    父親に、継母に、時代に、夫に裏切られ、悩まされながらも逞しく、最期まで女優として生き抜いた浪花千栄子さんには尊敬の一言。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪芸術大学卒業。著書に『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社)、『戦術の日本史』(宝島社)、『金栗四三と田畑政治』(中経の文庫)、『戦艦大和の収支決算報告』『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)などがある。雑誌『Shi-Ba』で「日本地犬紀行」、web「さんたつ」で「街の歌が聴こえる」を連載中。

「2021年 『ウソみたいだけど本当にあった歴史雑学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×