千夜千冊エディション 全然アート (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044006662

作品紹介・あらすじ

アルタミラの洞窟画、ルネサンスの遠近法、印象派の革命、そしてコンセプチュアルアートへ。絵画も日本画も現代アートも、松岡正剛が内外のアートを巡り惚れこんだ作品をすべて詰め込んだ特別編。図版多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <目次>
    第1章  ルーツを覗く
    第2章  北斎・ピカソ・ジャコメッティ
    第3章  アートワールド
    第4章  静かに、過激に

    <内容>
    アルタミラの洞窟がから現代のアートまで語りまくる。なんとなくしか知らなかった現代アートの世界。エゴン=シーレとか、バルデュスとかフランシス=ベーコンとか見てみたくなった。

  • 第1章 ルーツを覗く

    1769夜 デヴィッド・ルイス=ウィリアムズ 『洞窟のなかの心』
    1694夜 イーフー・トゥアン(段義孚) 『トポフィリア』
    607夜 矢代幸雄 『水墨画』
    25夜 レオナルド・ダ・ヴィンチ 『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記』
    1031夜 ヴィクトール・ストイキツァ 『絵画の自意識』
    1497夜 宮下規久朗 『カラヴァッジョ』
    1034夜 石鍋真澄 『ベルニーニ』
    1094夜 アンソニー・ベイリー 『フェルメール』
    1221夜 ジャック・リンゼー 『ターナー』
    1045夜 ジョン・ラスキン 『近代画家論』

    第2章 北斎・ピカソ・ジャコメッティ

    1093夜 周士心 『八大山人』
    964夜 村松梢風 『本朝画人傳』
    1777夜 ワイリー・サイファー 『ロココからキュビスムへ』
    1650夜 マリ=ロール・ベルナダック&ポール・デュ・ブーシェ 『ピカソ』
    851夜 トリスタン・ツァラ 『ダダ宣言』
    1106夜 キャロライン・ティズダル&アンジェロ・ボッツォーラ 『未来派』
    1246夜 マックス・エルンスト 『百頭女』
    74夜 ニール・ボールドウィン 『マン・レイ』
    471夜 カジミール・マレーヴィチ 『無対象の世界』
    500夜 アルベルト・ジャコメッティ 『エクリ』
    1036夜 中村義一 『日本の前衛絵画』

    第3章 アートワールド

    57夜 マルセル・デュシャン&ピエール・カバンヌ 『デュシャンは語る』
    1778夜 ロザリンド・E・クラウス 『視覚的無意識』
    1753夜 アーサー・C・ダントー 『ありふれたものの変容』
    1102夜 トニー・ゴドフリー 『コンセプチュアル・アート』
    1656夜 ハイナー・シュタッヘルハウス 『評伝ヨーゼフ・ボイス』
    1103夜 ナム・ジュン・パイク 『バイ・バイ・キップリング』
    1037夜 菅原教夫 『日本の現代美術』
    790夜 坂根厳夫 『拡張された次元』
    1704夜 杉本博司 『苔のむすまで』
    890夜 森村泰昌 『芸術家Mのできるまで』
    1785夜 小崎哲哉 『現代アートとは何か』

    第4章 静かに、過激に

    1607夜 富岡鉄斎 『鐡斎大成』
    1470夜 近藤啓太郎 『大観伝』
    240夜 堀正三 『朝倉文夫の青春』
    702夜 フランク・ウィットフォード 『エゴン・シーレ』
    320夜 岸田劉生 『美の本体』
    525夜 棟方志功 『板極道』
    1096夜 ローリー・ライル 『ジョージア・オキーフ』
    1626夜 デボラ・ソロモン 『ジョゼフ・コーネル』
    786夜 田中一光 [構成] 『素顔のイサム・ノグチ』
    984夜 クロード・ロワ 『バルテュス』
    1781夜 デイヴィッド・シルヴェスター 『回想 フランシス・ベイコン』

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2022年 『見立て日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×