おくのほそ道 (角川文庫ソフィア)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044010027

作品紹介・あらすじ

付: 現代語訳, 曽良随行日記

著者プロフィール

松尾芭蕉(まつお・ばしょう)
1644年(寛永21年)~1694年(元禄7年)。現在の三重県伊賀市(伊賀国)生まれ。俳諧師。俳諧(連句)の世界に、「蕉風」と呼ばれる芸術性の高い句風を確立した、日本史上最高の俳諧師のひとり。おもな著作に、江戸から東北、北陸をめぐり岐阜の大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』をはじめ、『野ざらし紀行』『笈の小文』など。

「2017年 『芭蕉さん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おくのほそ道 (角川文庫ソフィア)のその他の作品

松尾芭蕉の作品

ツイートする