源氏物語―付現代語訳 (第4巻) (角川ソフィア文庫)

  • 角川書店
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044024048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 薄雲から胡蝶まで。谷崎源氏の副読本として小脇において辞典代わりに重宝しております。谷崎源氏と併せて読むととても分かりやすいです(谷崎源氏よりこちらのほうが読みやすいくらいですが…)。玉鬘が出てくると一気に華やぐからすごい。

  • 【源氏物語 第四巻 薄雲~胡蝶】
    明石の姫君は明石の君から引き離されて紫の上の養女となる。藤壺中宮崩御後、光源氏が実父であることを知った冷泉帝は光源氏への譲位を申し出るが固辞される。光源氏は広大な六条院を造り、女君たちを住まわせる。薄雲・朝顔・乙女・玉葛・初音・胡蝶の各巻を収める。(角川学芸出版)

  • というか、教科書。
    薄雲:現在明石が姫を渡すところ。
    すてきだ。

  • 資料番号:011316718
    請求記号:913.3/ ム/ 4
    資料区分:文庫・新書

全4件中 1 - 4件を表示

源氏物語―付現代語訳 (第4巻) (角川ソフィア文庫)のその他の作品

紫式部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏目 漱石
ドストエフスキー
シェイクスピア
ドストエフスキー
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする