源氏物語(5) (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044024055

作品紹介・あらすじ

一一世紀初頭に世界文学史上の奇跡として生まれ、後世の文化全般に大きな影響を与えた一大長編。寵愛の皇子でありながら、臣下となった光源氏の栄光と苦悩の晩年、その子・薫の世代の物語に分けられる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 螢から藤裏葉までを収録。玉鬘が内大臣とやっと会えてよかったです。近江の君、好きだなあ。

  • 【源氏物語 第五巻 螢~藤裏葉】
    夕顔の遺児玉葛が注目を集め、裳着を前に実父内大臣と対面、尚侍となることが決定するが、多くの求婚者の中から、突然、髭黝と結ばれる。夕霧は雲居の雁と結婚、明石の姫君は東宮へ入内する。螢・常夏・篝火・野分・行幸・藤袴・真木柱・梅枝・藤裏葉の各巻を収める。(角川学芸出版)

  • 資料番号:011316726
    請求記号:913.3/ ム/ 5
    資料区分:文庫・新書

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

平安時代の作家、歌人。一条天皇の中宮、彰子に仕えながら、1007~1008年頃に『源氏物語』を完成されたとされる。他の作品として『紫式部日記』『紫式部集』などが残っている。

「2018年 『源氏物語 姫君、若紫の語るお話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紫式部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
梶井基次郎
ウィリアム シェ...
宮部みゆき
スタンダール
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×